2-tacs


12345|6|7891011

【BROWN by 2-tacs " Field & Town Layering " 】

アウトドアのギアやウェアばかりに目がいってしまい、
普段の街着を選ぶ際にも山で使えるかな?
などと考えてしまう今日この頃。

今回はいつもとは少しだけ目線を変えて、
今までリリースした生地をご紹介しつつ、
アウトドアフィールドと街でのレイヤリング例を紹介いたします。
 
街着をアウトドアフィールドでどう着れば心地よいのか。
その反対にアウトドアフィールドで得たTIPSを
街にどう落とし込んでいけるか。

そんなことを考えながら、
コーディネートを楽しんでみるのいかがでしょうか?
 
 
【BAA#1 (メリノウールナイロン天竺)】
field1.jpg
SSシーズンを中心にリリースしているBAA#1。

メリノウールの天竺としては
若干薄手な生地を使用しているのが特徴です。

その為、暑い時期には1枚で涼しく
それ以外の季節ではベースレイヤーとして着用すると
程よい保温性が生まれます。
 
field3.jpg
 
今時期にトレイルランニングをする際には、
このようなレイヤリングをすることが多いです。

 ①BAA#2 TANK(現在完売中) or メッシュ系のドライレイヤー
 ②BAA#1 POCKET or CREW L/S or HOODIE
 ③薄手ウインドシェル

①と②で汗冷え対策をしつつ、保温性をもたせ
③で風を防ぎ、シェル内を若干蒸らすことで
程よい暖かさになります。

運動強度高く、動き続ける際にお勧めです。
動き出しは寒いので、薄手のインサレーションを。
 
 
【BAA#3 (メリノウールサーマル)】
field2.jpg
秋冬シーズンにリリースしているBAA#3。

メリノウールを使ったワッフル構造のサーマル生地で
ボリュームがありながらも風が抜けやすく
熱を篭らせすぎないのが特徴です。
 
field4.jpg
 
無積雪の低山ハイキングであれば・・・

 ①BAA#1 POCKET or L/S
 ②BAA#3 CREW or HOODIE (17-18AW & 16-17AW)
 ③B.D.(17-18AW) などのウールをメインの素材として使ったシャツ

保温性がありながらも、風が抜けヒートアップしすぎない
レイヤリングになります。

街中でのコーディネートに近い服装でも、
素材が持つ機能を掛け合わせれば快適に過ごすことができます。 
 
 
【Retro Active (ウールパイル)】
field6.jpg
今シーズンにリリースしたRetro Activeシリーズのウールパイル。

表には太番手のウール糸をループ状に、
裏にはコットン糸を配して編みあげることで、
保温性と風抜けを両立させているのが特徴です。
 
field5.jpg
 
最後にご紹介するのは街中でのレイヤリング。
電車移動や自転車移動が多い真冬の街中であれば・・・

 ①BAA#1 POCKET or L/S
 ②ポーラテックパワーグリッドなどを使用したフーディ
 ③RA-JKT or RA-CREW

街は外に出るとビル風もあり非常に寒く感じ、
ビルや電車に入ると暖く、意外と寒暖差が激しいものです。

このレイヤリングはRetro Activeシリーズの特徴である
保温性と風抜けの良さを生かし、
アウターを脱ぎ着する事なく過ごすことができます。
 
 
是非店頭でもお気軽にお尋ねください。(D樹)

*アイテムのクレジットは各リンクからご確認ください。
 
 

【 " For winter a comfortable layer " 】

冬も本番、厳しい寒さには体がすくみますね。
家や街での生活は快適に過ごせていますか?

IMG_6305.JPG
今回は薄手のアウターでもインナーによって
暖かく快適に過ごせるコーディネート考を紹介しようとおもいます。
写真のコーディネートはその一例です。

 
 
IMG_6372.jpg IMG_6313.JPG
1枚目の写真をアウターとインナーで分けると、このような感じになります。
パッと見は軽装っぽく見えますが、じつはインナーに快適の「種」があるのです。
では、さらにインナーを分けてみましょう。
 
 
IMG_6327_2.jpg
左から"BAA CREW"、"BAA#3 CREW L/S"、"GYM RAGLAN"
の順番にレイヤードしており、ウール3点でインナーを組んでいます。
じつはこれだけのレイヤードで、
暑くもなく寒くもない快適な状況を作ることができるのです。
ご存知だとは思いますが、ウールは保温と汗ヌケに長けています。
ウール同士のアイテムを組み合わせると、
非常に相性が良いのですが、温度の体感には個人差があります。
もし暑すぎた場合にはインナーを薄くする必要があり、
ベースレイヤーの"BAA CREW"をショートスリーブにしたり、
"BAA TANK"(現在売り切れ)に変更して、
自分に合ったちょうど良いバランスを是非みつけていただきたいと思います。


しっかりとウールの機能を理解してレイヤードすることが出来たら、
暖房の効いた屋内や電車、肌寒い街でも暑すぎず寒すぎず、
とても快適な一日を過ごすことができるのです。


冬は色々なコーディネートを楽しめますが
じつはインナーを自分なりにレイヤーするコーディネートがとても重要です。

たかがインナー、されどインナーです。
いま一度、インナーに着目をしてみてください。(Sh)

No. B17-KN004 "BAA CREW"
Fab: Wool 90% , Nylon 10%
Col: Gray( S , M , L ) , Charcoal( S , M , L )
Price: ¥15,000-(Plus tax)
 
No. B18-KN004 "BAA#3 CREW L/S"
Fab: Wool 79% , Nylon 21%
Col: Off white( S , M , L ) , Navy( S , M , L )
Price: ¥18,000-(Plus tax)
 
No. B16-U004 "GYM RAGLAN"
Fab: Cotton 61% , Wool 39%
Col: Navy( XS , S , M , L , XL )
Price: ¥21,000-(Plus tax)

【 HOT FUDGE TOUR "GUNTE" 】

2018hotfudge_gunte.jpg
右手の甲にはキャラクター、左手の甲には謎めいた言葉・・・
"東京キッド"の歌詞みたいになってしまいました。

そういえば歌の始まりに
『いきで おしゃれで ほがらかで』という詩もありましたね。
なんだか"HOT FUDGE"にピッタリな気がします。

ユニークな軍手たちを是非、お試しください。(Sh)
●HOT FUDGE TOUR "GUNTE"
SIZE: O.S.F.A.
PRICE: ¥1,500-(plus tax)THANKS SOLD!!

【 BROWN by 2-tacs "2018 NEW YEAR ITEMS" 】


 
年初めの営業日、1/4(木)にスポットアイテムが入荷いたします。
 
 
almighty2018.jpg
"グリッドループツイード"で作った"ALMIGHTY"。
今シーズンリリースしたスラックスと共地です。

たっぷりと着るほうが好みなので
今回はM,Lサイズでご準備しております。

柔らかいニットのベストでもごっつりしたツイードのベストでもない
不思議な感じのベストになりました。

厳しい寒さからポカポカ陽気な春先まで
色んな組み合わせを楽しんで欲しい"ALMIGHTY"です。

almighty2018_u.jpg

almighty2018_s.jpg
No. B18-V003 "ALMIGHTY"
Fab: Wool 71% , Nylon 15% , Cotton 14%
Col: Umber( M , L ) / Stone( M , L )
Price: ¥21,000-(Plus tax)
 
 

"Re-make Snap parka"も入荷いたします。
reborn_snapparka2018_5.jpg
チャンピオンボディを使ったアイテム。
サイズ、生地感、プリントの風合いまで個性がどれも魅力的です。

古着の風合いは大事に生かしております。
ビッグサイズでもしっくりくる"Re-make Snap parka"。


是非、1つ1つ袖を通してみてください。(Sh)
reborn_snapparka2018_logo.jpg
Re-born "Re-make Snap parka"
Body: Champion Reverse weave Parka
Col: Assorted
Size: Assorted
Price: Ask
THANKS SOLD!!

【 BROWN by 2-tacs " TIGHT SLACKS " 】


tightslakcs_re.jpg

tightslacks_um_1_4.jpg

tightslacks_um_2_4.jpg
No. B18-P004 "TIGHT SLACKS"
Fab: Wool 71% , Nylon 15% , Cotton 14%
Col: Umber( S , M , L ) / Stone( S , M , L )
Price: ¥30,000-(Plus tax)


12345|6|7891011