2-tacs


【「Les Montagnards」 for PROTESTERS】

Les Montagnards01.jpg
 
「.......RESERCH」のルックブックのスタイリングをしました。
 
テーマは「Les Montagnards」 for PROTESTERS
「Les Montagnards」は「山のひと」
「PROTESTERS」は「抗議するひと」
という意味です。
 
最初にデザイナーの小林さんからお話をいただいたのは昨年2017年の11月ごろ。
「デモをテーマにしたコレクションをやりたいんだ。だから、服もまっ黒。
興味があったら本間に力を借りたいんだよね」と。
 
頼りにされることは嬉しいのですが、
僕自身「デモ」という行為を推奨してはいないので、
少し悩みました。
大層な身分のようではありますが、僕はいつも仕事の依頼があると
「この仕事は自分がやるべきことなのか」と考えます。

その理由は僕にも少しばかりの信念があり、この信念を曲げるようなことをして得たお金で暮らしていても、つまらないからです。

お金持ちにはなれませんでしたが、この信念を曲げることなく、僕たち家族が食べるものに困ることもなく暮らせることは、ほんとうに幸せなことだと思っています。
 
話がそれましたが、この仕事の依頼を受けるか否か?
そろそろ決断のときが近づいていました。
一ヶ月ほど悩みに悩んで、僕は断ることに決めました。
断られたほうは、すぐにでも次の代役を探さないといけないので、
また今度会ったときにあらためて謝ろうと、
失礼は承知の上で、早々にお断りの理由をメールで述べました。
 
少々長いですが、下記の文章はそのときの僕と小林さんの文章のやりとりです。
一語一句変えておりません。
(掲載においては、小林さんからも許可をいただいております)
 
 
『2017年12月8日 12:20』

小林さん、お疲れ様です。

連絡が遅くなってすいません。
小林さんから撮影の話をいただいてから、しばらく考えておりました。
そのことについて、僕の意見を書きたいと思います。

原発事故の後、僕も反原発運動のデモに参加したことがありました。
あのときは大規模なデモが多くの場所で行われていて、その現場がどういったものなのかを
確かめに行きたい気持ちと、自分自身のなかにある政治に対しての虚無感を
同じ志を持つ人たちと共有することで、また思うことがあるのかもしれない
という気持ちがありました。

デモの現場は思っていたよりも盛り上がっていました。
反復するシュプレヒコールに圧倒され、自分も声を合わせていると
「もしかしたら、なにかが変わるのではないか」
という気持ちになりました。

しかし、原発に関しての日本政府の対応はご存知のとおりです。

そこから僕はデモへは行かなくなりました。
その理由はデモの根底に「NO」というエネルギーが渦巻いているのではないか
と思ったからです。
一つの事象に「YES」と答えることと「NO」と答えることは
大きく異なるような気がします。
「YES」と答えるよりも「NO」と答えるほうが、責任が重く
たくさんの知識を必要とします。

原発問題に関してはあまりにも莫大な費用と期間を要して構築されたシステムを
もう、僕(たち)の力ではどうにもならないということを知りました。

そして、そのことに「NO」と言い続ける責任の重さを感じて
僕は逃げたのです。

そのころから自然へと興味が湧いてきて、山に入っては小さな「YES」をみつけて
文章に残す作家の本を読み耽りました。

僕も同じように山に入りただ歩いているだけで、救われたような気持ちになりました。

今回の小林さんのテーマを考えたときに、どうしても僕の中でクリエイションの膨らみを
持たすことができませんでした。

それは僕自身のエゴが強すぎて、もしかしたらプロとしては失格なのかもしれません。

ですが、これからの自分の時間を出来る限り「YES」と寄り添いたいと思っています。

長々と生意気なことを書いてすいません。

どうか、気を悪くされないでください。
連絡が遅くなり申し訳ありませんでした。

本間良二
 
 
『2017年12月8日 13:09』

オッス、本間。
メールありがとう。

本間がデモの NOの空気感が嫌で関わりたくないと
言っていたのはもちろん、覚えている。

時代が大きく動いていて
個人の自由の尊重より
国という単位で考えなければ という声が支配的になっている
そこで察しがつく、デモが多くなる世の中になるんだろうと。

本間の言うように、その場はYESとNOの対立構造になり
怒号渦巻く状態になるでしょう

そんな異議申し立てすら、もう届かない声になろうとしている。
だから、届かないことが判明した側は急進的な行動が多くなる。

そんな、この先のギザギザした世の中あるいはデモ現場に
花を撒く必要があると思ったんだよ
実際のデモ現場だけの話ではなくて
異議申し立てをしなくてはいけないのに
対立構造が激化する場面ではただのNoの感情の渦に巻かれて
しまう。
興奮しすぎた感情を"花"と言うものでスイッチしたいから
暴力の場に花の力を添えて違う景色にしたい。
だから"対立構造下の花の存在"がテーマとも言える。

右でも左でもなく、山側の心安らぐ日々が大事だと思い出してもらう為に。

Yesはもちろん大事、コミュニケーションの核だから
でも、この先の時代は異議申し立てがしやすい環境をみんなそれぞれの
方法で守れるように関与したい。

そんな気持ちでこの異議申し立て企画の事を
本間に話ししました。


小林
 
 
このやりとりがあって、僕はこの仕事の依頼を受けることにしました。
カメラマンの安部英知さん、アートディレクターの峯崎ノリテルくんも加わり、
個々の具体的なイメージとイメージを重ね合わせて、ビジュアル化しています。

この仕事に従事しているとき、デザイナーや、カメラマン、アートディレクター、ヘア、メイク、そしてスタイリストという一個人の主義主張をすんなりと受け入れてくれる
このファッションという世界の寛容さや、自由さ。
「この部分に惹かれて僕はこの世界に飛び込んだんだな」ということを再確認できました。

とてもいい仕事ができました。
よかったら手に取ってみてください。
(H間)
 

Les Montagnards06.jpg