2-tacs


【 Spectator Vol.44 ~ヒッピーの教科書~ 】

ヒッピーの教科書.jpg

スペクテイターの新刊が届いております。

僕も20代の頃、「愛、平和、自由」を掲げたヒッピーカルチャーに興味をもち、日本国内で行われている小さな「祭り」に参加してはヒッピーの思想に触れようとしたのですが、なんとなく漂う排他的な空気や、行き過ぎた自然崇拝にもカルトのような違和感を覚えて、それ以上深追いすることもやめてしまいました。

そのあと、僕の興味はビートやヒッピー発祥の地サンフランシスコへと向かうのですが、ヘイト・アッシュバリーはお土産屋さんが並ぶ観光地と化していて、シティライツブックストアも建物の内装はかっこいいものの、僕のイメージしていた雰囲気とはかけ離れてがっくりと肩を落としたものですが、いまこの本を読むと納得がいきます。

「1967年の夏頃から、社会風俗としてのヒッピーは完全に下火に向かっていた」(SPECTATORより抜粋)

と、僕が生まれる以前からヒッピーカルチャーは崩壊しており、僕が求めていたようなユートピアの風景は、僕自身が勝手に作り出した幻影であるということに薄々は気づいていたものの、こうもはっきりと書かれていると
「この本をあの頃(20代)に読んでいたら、もう少しスマートにヒッピーの本質にたどり着けたのではないだろうか」
と、想像せずにはいられません。

しかし、20代の頃に日本各地で行われていたヒッピーの「祭り」に繰り出したおかげで日本の自然の美しさや、温泉や湯治場という日本固有の文化に触れられたのも確かですし、また30代の頃に足繁く通ったサンフランシスコではビートやヒッピーカルチャーは衰退していたものの、そのかわりにベイエリア独自のサーフシーン、アートシーンが構築されている最中で、そのシーンを間近で見れたことも僕にとっては大きな収穫でもありました。

そして40代の現在、西丹沢に土地を購入してから畑や庭の世話に追われる毎日を過ごしている僕が畑や庭作りの方法で行き詰まったときによく眺めているのはロイド・カーンやビル・モリソンなどの著書であり、それらは僕のバイブルとも言えるくらいにお世話になっている本でもあります。

これらは「ヒッピーカルチャー」を追っている最中に出会った副産物のようなものなのですが、いつまでたってもヒッピーの本質にはたどり着けませんでした。

結局僕は(先ほど申した通り)僕自身が作り出した幻影である「理想のヒッピー像」を強く求めたり、ときには悲観的に捉えたり、ときには中指を立てたりしながらも、どうにか僕の心の中でうまく折り合いをつけて仲良く(?)暮らしてきたのですが、さすがにこの年齢にもなるとその行為の無意味さに気づきはじめます。

「どこかにある誰かが創ったユートピアを追い求めるという行為は、あまりにも他力本願であり、そこに集まる人たちで形成されたコミュニティは皆が皆に依存する形態となる。はたしてそのコミュニティが正しい自由の姿なのだろうか。理想のユートピアとは個人個人が自分の責任で創るものであって、その独立した個人が集まりで形成されたコミュニティが、もしかしたら本当の自由の姿なのかもしれない」

と思い直していた矢先、この冊子が僕の手元に届いたという訳であります。

この一冊の本により、まったくもって僕の自作自演であった「ヒッピーの呪縛」から解き放たれたような心持ちになりました。

興味のある方は一読をお勧めいたします。
(H間)

●Spectator vol.44 "ヒッピーの教科書"
¥1,000-(plus tax)THANKS SOLD!!