2-tacs


1|234567891011

TFS 10th anniversary 1st thing】

book exchange.jpg
 
以前にも書いたとおり、The Fhont Shopは今年で10周年をむかえる。
10周年企画をいろいろと考えた結果「木箱」を製作して店先に設置することにした。
この木箱は海外を旅していると、たまに見かける地域があって、その地域の雰囲気も自分には好みなところが多かった。
どこの街かは忘れたけど、街と人と木箱と天気がうまく混ざり合って、何もかも好みの感じだった。
それを作ろうと思った次第。
...いつもの「虫」が騒ぎだしていた。
 
10年というと気が遠くなるような長さだが、過ぎてしまえばゾッとするほどの短い時間をあらためてふりかえってみると、僕はいつもお店のことを考えていた。

最初の1年間、お店は僕の自己表現の場だった。
その解釈は決して誤りではないが、やっていくうちに徐々に違和感を覚えて
そのうちに少し肩の力が抜けだしてきた。
それから常連ができはじめて、絵を描いている人、立体物を製作している人、ジンを作っている人たちが自分たちの作品を見せに来てくれるようになった。
あまり社交家ではない僕が多くの作家と関わりを持つことができたのも、このお店をはじめたおかげだったし、彼らの作品を興味のある人たちに手渡すことができたのも、このお店のおかげだった。
自分のものだけではなく、自分が良いと思ったものを商品として仕入れて売るという面白みを知ったのもこの頃だった。

売り上げがうまくたたない時には、じっくりと考えてみると必ずいくつかの問題点が出てきた。
あとはその問題点を自分らしく修正していけばいい。
お店は僕にたくさんのことを気づかせてくれたし、たくさんの出会いもくれた。
それと僕と家族とスタッフを食わせてくれた。
 
お店は無限の可能性を秘めている箱だ。
自分がやりたいことを行動に起こしてみると、箱の反響は僕の予想に反することもあったし、予想以上の反響が起きることもあった。
いつからか僕はその反響を自分ではコントロールできないと悟った。
その理由はこの箱にはたくさんの人たちが出入りをしていて、その人たち一人一人をコントロールすることが、この箱の役割ではないと気づいたからだ。
感覚の違う10の人間に同じ商品を売ることよりも、その人たちの琴線に触れるような「何か」を置いておきたい。
この箱を持って、本当に良かったと思うことは、自分が信じたことをやれていることだ。

この箱を借りて「ありがとう」
(H)
 
 
book exchange.jpg

【The Fhont Shop10周年】

あけましておめでとうございます。(って遅い!)
本年もよろしくお願いいたします。
早速ですが今年の僕たちはちょっと違います。
なにが違うかって、今年はThe Fhont Shopが10周年を迎えるのであります。
10年と一言で言ってもこれは結構な時間でありました。
はじめの1年間は本当にヒマでヒマで、僕なんか店番しながらマブタを裏返す練習をしていたくらいヒマでした。(結局いまもできません)
あの頃はコアなお客さんと、たまに遊びに来る友人たちのおかげでなんとか売り上げをたてていた次第であります。
本当に感謝です。
そのあとは雑誌にお店を紹介していただいたり、商品を掲載していただいたりと多くの方々からたくさんの助力をいただき、なんとなく軌道に乗ったような、まだ乗りきれていないような気持ちでいまに至っております。
ようするに僕たちも、お店もまだまだであります。
でも、僕たちのような未熟で小規模なチームであるがゆえに挑戦できることもたくさんあると僕はおもいます。
「Talking about small business」
何度も言うようにこれからの商いは小さく小さくやっていく時代です。
小さくやればやるほど、規則は少なくすることができて守るべきものも最小限に抑えられます。
僕が代表として守るべきものは家族とチームの生活、つまり僕たちの時間です。
もちろん仕事はお金のためですし、お金がないと困ります。
でもお金をたくさん使わないと時間が過ごせないことがなによりも恐ろしいことです。
そのバランス感覚に富んだ人物が経営するお店がこれからもっともっと増えていって欲しいとおもいます。
いま僕は10周年の企画をいろいろと考えております。
それらは買えるものもあれば、見るだけのものもあったり、おしゃべりだったり、味わえるものだったりと、なかにはちょっと風変わりな企画もあります。
ぜひお楽しみに。
10年間のご贔屓ほんとうにありがとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

本間良二

【 BROWN by 2-tacs "SKAFER CAP" 】


skafercap_embroidery_bur.jpg
skafercap_embroidery_oli.jpg
「skafer」という言葉をつくったのは20代の後半くらいだと思う。
今ではサーフ&スケートなんて言葉は当たり前だけど、僕がサーフィンやスケートに興味を持った10代のころはサーファーとスケーターの境界線がはっきりと分かれていた。
 
 

(SURF)

僕のサーフィンデビューは14歳だった。
母親の弟(叔父)はハワイでサーフィンをするほどの人で、僕はその人からサーフィンを教わった。
そういえば小学校二年生のとき、その叔父からハワイのお土産でTシャツをもらった。
そのTシャツは白地に襟と袖にネイビーのトリムが施されていて、真ん中にかっこいい強そうなトラのプリントが入っていた。
脳天がひっくり返るほどそのTシャツにしびれたが、当時の僕にはTシャツの襟ぐりから肩がひとつ出てしまうくらいに大きかった。
母親はそのTシャツを家では着ても良いが、外で着ることを僕に強く禁じた。
しかし、僕はTシャツをランドセルに忍び込ませて、家を出るとそのTシャツに着替えて学校へと向かった。
朝礼の時にみんなちゃんとした服を着ているのに僕だけが肩をひとつ出していて、なんとも誇らしい気分になったのを覚えている。
いま思うと、これが僕のファッションへのファーストコンタクトなのかもしれない。
 
叔父さんは千葉でレストランをしていて、僕は中学二年生の夏休みをほぼここで皿洗いのアルバイトをしながらサーフィンを教えてもらった。
最初の海は千倉だった。
離岸流に流されているのを気がつかずに、ずいぶん沖まで流された。
そのときはこっぴどく叱られて、正直こっちも腹が立ったけど、これも子を持つ身になってみるとよくわかるようになった。
でも、中学二年生って自分が死ぬとか、そういうことを全くイメージできない年頃なんだよね。
 
 

それから20年以上もサーフィンを続けているけれど、僕はサーフィンに対して上達という概念が消えてしまっている。
tumblr_nl4lm8O73g1u93xcqo1_500.gif
 
上のGIFは波のメカニズムを表したもので、これを見ると水が動いていないことがよくわかる。
波に乗るということは水によって移動しているのではなく、波動というエネルギーが水に伝わり移動しているのだ。
波のピークを見つけてそれに乗り、眩しく光る斜面をグライドする。
そして、なるべく波打ち際まで乗り継いで、その波動が最後には弾けて無くなるのを見届ける。
かっこよく言うと、僕のサーフィンはその波動との一期一会を楽しむ遊びなのだ。
 
 
(SKATE)

そして、スケートボード。
まず、サーフィンとスケートボードの相違点について。
自然を介して遊ぶサーフィンに対して、スケートボードはアスファルトがないとはじまらない、全く異なるとても都会的な遊びだ。
僕は高校の3年間をこの遊びに費やした。
友達と僕の家でスケートのビデオテープが擦り切れるほど観ては、外に飛び出し夕方から空が白々としはじめる朝までトリックの練習をしていた。
上手い人たちがいると聞くと、新宿(ジャブ池)、原宿(アークティーズ前)、池袋(東池袋中央公園)と、どこにでも行った。
このときに僕は多くのスケーターと知り合って、彼らの多種多様なスタイルを目の当たりする。
オーリーがとにかく高い(背が高い人多し)、トリックをマシーンのようにこなす(小柄なニュースクーラー)、怯むほどの高さのステアを鬼プッシュでメイク(ドカン系)、と、ここでは書ききれないくらい様々なスタイルがあって、みんなとにかくクールだった。
その当時スケーターはファッションとしても注目されだしていたが、コアなスケーターたちはスケートもしないファッションだけの連中を「ポーザー」と呼称し、馬鹿にしていた。
いまや街中に「ポーザー」が溢れている現状をみると、ずいぶん時代が変わったなと思う。
彼らの目利きも半端なくて
「あの駅のハンドレールはいけそうだ」
「あそこの縁石は調子良さそうだから、ワックス塗っておいた」
と、街全体がスケートスポットとなっていて、いつしか僕の視点もそのようになっていた。
スケートボードは街で仲間と出会い、街で遊ぶ「ストリート」という概念を僕に植え付けてくれた。
 

 
 
 
 
skafercap_top.jpg
クラウンはウールメルトン、ブリムはカウレザーの異素材を組み合わせ
"BURGUNDY"にはキャメル、"OLIVE"にはチャコールの配色にした
6パネルのベースボールキャップ。
 
 
skafercap_strap.jpg
サイズは"One Size Fits All"
 
 

skafercap_bur.jpg
skafercap_oli.jpg
No. B16-C001 "SKAFER CAP"
Crown: Wool 100%
Brim: Leather
Col: Burgundy( O.S.F.A. ) , Olive( O.S.F.A. )
Price: ¥13,000-(Plus tax)
 
 
(SKAFER)

サーフィンとスケートは同じ横ノリ系のジャンルとして括られることが多いが、じつは全く違うカルチャーだというのが僕の見解だ。
サーフィンとスケートを通して、自然と都会を行き来して遊ぶことを学び、そのふたつのスタイルを混ぜて成熟した新たなスタイルを僕は求めている。

(H)

行きましょう、山へ。 ザイオン国立公園編】

みなさんこんにちは。
お元気ですか?
僕はザイオン国立公園へ行ってきました。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
「本間さん。アウトドア・リテイラー・ショウ(以下OR)に興味ありませんか?」

と聞かれたのは去年の年末だったか今年の初めだったかはよく覚えていないが、アウトドアと名のつくものに興味がないわけがないので、内容を聞いてみると、そのORをみてから、ある撮影をしてほしいという仕事の依頼だった。

もちろん二つ返事で諾了する。
 
OR初日に各ブースをまわるが、聞きしに勝る広さで圧倒される。

やはり世界一のアウトドア大国と感心する一方で、アウトドアとは自然と向き合うための行為なのか、ギアと向き合うための行為なのかと、垂直でも水平でもない、相変わらずの斜め思考に囚われてしまう。

僕は自作した「レイウェイ」のバックパックを背負いブースをうろうろしていた。

もし声をかけてくれる人がいたならば、きっとその人と仲良くなれるだろうと淡い期待を抱いていたが、そんな人はどこにもいなかった。

人の背負っているバックパックなど気にかけていたら、仕事にならないくらいの物量が目の前にあって、その情報処理だけでも結構な神経を要する。

みなさん、遊びじゃないってことね...

では、我々はこの場所をあとにして本格的に物見遊山に洒落込もうと、グレートソルトレイクにあるアンテトープ島に向かった。
 
 
IMG_6456.jpg
グレートソルトレイク。

見渡す限り塩。

干上がった塩の大地を裸足で歩くと足の裏から汗がダクダクと出てきて、踵の角質が取れてツルツルになった。

ザクザクと塩の結晶を踏み足裏も刺激されて、なんとも気持ちがいい。
 
塩は僕たち人間にとって、とても大切なものだ。

腐食の原因は酸である。

食べ物は酸化すると酸味を増して腐食していく。

腐食を防ぐのは酸素にあてないことと、塩(アルカリ質)を混ぜることで中性にすること。

梅干しが腐らないのは塩を加えることで酸を抑えているからだ。

人間もナマモノなので原理は一緒だが、塩分を控えたほうが健康によろしいというのが多くの方たちの認識。

塩分を多く取るとコレステロール値が上がり、血圧も上がる。

それは塩の種類に問題がある。

天然塩ではなく、安価に出回っている精製塩(塩化ナトリウム99%以上)を摂取すると血管の中で細かな再結晶をして、その結晶が血管を傷つける。

その傷を修復するためにコレステロールが大量に血管に留まり炎症を起こす。

ようするに少々高くても真っ当に仕事をされている方たちの正しい塩を使いましょう、ということ。

この場所へ来て、僕は今年初めて挑戦している梅干しのことを思い出した。

出発前の天気が良くなくて、まだ干せていない梅。

帰国後すぐに干した。

味は申し分なくうまかった。

梅干し。完全にノーマークだった。

そして完璧なる食品。

この原稿も梅干しをかじりながら書いている。

IMG_6597.jpg
 
 
そしてあくる日にザイオン国立公園へと旅立つ。

実のところ、昨日の時点でザイオン国立公園に向かうつもりはなかったが、いくつかの偶然が重なり

「これはもう行ってみるしかないね」

と往復600マイルの旅が始まる。
 
ここで言ういくつかの偶然を書き出すと長文になってしまうので割愛させてもらうが、なんとなく掻い摘んで言うと「旅から生まれる旅もある」ということ。

もちろん予定通り事を運びたいのだが、旅先ではこれがなかなかうまくいかない。

それを柔軟に受け入れることが出来る人は旅の達人。

旅の達人とはトラブルが起きたときに真っ当な対処法がすでに頭の中にあるにもかかわらず、さらに高みを目指すことが出来る人。

トラブルというマイナス要因に弾みをつけて、それをプラス要因に変えてしまう独自のメタフィジカルを持つ人物。

僕は以前そのような人たちと旅をする機会を得て様々な経験をさせてもらい、いまの僕の旅がある。

僕は普段から自宅から駅までの道のりもちょくちょく変えている。

帰り道も一つ手前の駅で降りてぶらぶら帰るなんてことはざらにある。

しかし、道の先に救急車やパトカーが停まっていると別の道を歩く。

江戸っ子特有の野次馬根性はまったくなく、むしろそういった道は避けている。

山でもなんとなく嫌な感じがしたら、すぐに予定変更。

1日早く下山して長野の友人の家を訪問するなんてこともよくあることだ。

なんでだろう?と自分でもよく考えるのだが、これだけはよくわからない。

でも、わからないからこそ大切にしている僕だけの感覚の聖域でもある。
 
 
IMG_6545.jpg
ザイオン国立公園。

「ウワァ...スゲェ...」

こういう場所に来たときは、つくづく自分のボキャブラリーのなさに情けなくなってしまうが、どんなに辞書を引いてもやっぱり自分の身の丈にあった適当な言葉が見つからない。
 
結局おいらの文学なんてものは「ウワァ...」と「スゲェ...」と「ヤベェ...」からなるモノなりと感じた。
 
IMG_6563.jpg
大地と風と水が1500万年かけて創り出した造形。

ぼーっと眺めていると自分の一生がどれだけ短くて儚いかが身に染みる。

到底に及ばない圧倒的な時間を見せつけられて、あらゆる感情が炭酸水の泡のように生まれては弾けてなくなる。

普段だったら明らかに方向性の違う様々な感情の粒が、頭の中でパチパチと音を立てている。

ザイオンの有する時間に対しての嫉妬や悲しみ、それを知ったことによる、ある種の諦めにちかい喜びのような感情も同時に湧き上がる不思議な状態。

僕は自分の心が泡立っているような感覚を、この場所ではじめて覚えた。

草木はもちろん、岩壁や足元に転がる小さな石ころでさえ生命を宿しているかのように思えた。
 
 
_DSC4338.jpg
(photo by masayuki nakaya)
 
いろいろ見てきたつもりだったけど、やっぱり地球はひろい。

さて、次はどこに行こうか。
(H)
 
 
 

白いTシャツと小麦色の肌の関係性

 
白いTシャツの定義は当たり前だけど、白いこと。
 
そして、それを着ている人物は自然の太陽の光をたっぷりと浴びた小麦色の肌をした人物が好ましい。
 
青っ白い腕だと、まるで病院の消毒液の匂いがしてきそうで、なんとも辛気臭い。
 
真っ白なTシャツの袖口からのぞく、日に焼けた小麦色の腕。
 
これは時代がどんなに変化しようとも、唯一変わらない価値観なのだ。
 
ちょっと言い過ぎだろうか...
 
いや、そんなことはない。
 
その証拠にwhite(白い)の語源はゲルマン諸語に共通しており、アングロサクソン語hwit(明るい、輝かしい)を経て成立している。
 
形容詞のhwitはのちにhwaete(穀物)という名詞を生み出す。
 
これは(明るく輝かしく)実る穀物を見て、生み出された言葉なのだろうと想像できる。
 
このhwaeteを経て、のちに英語のwheat(小麦)を成立している。
 
つまりwhite(白い)とwheat(小麦)は同じアングロサクソン語hwitからなる同系語なのだ。
 
この文脈からも、やはり白いTシャツと小麦色の肌のスタイリングは永遠の組み合わせなのだと個人的に思っている。
 
brown t-sh.jpg
 
BROWN by 2-tacsでは、2本の綿糸をウール用に開発された機械で撚り合わせることによって仕上げた柔らかくしなやかな双糸を使用し、天竺を織りあげている。
 
本来ならばこの製法でもっと薄く編むことも可能であり、そうすればより一層のしなやかさが楽しめるはず。
 
しかし、そうなると「白いTシャツ」としての絶対的な要素の一つ「Tough」が損なわれるので、結果このオンスに収まったというわけ。
 
この「Tough」という言葉が、アパレルを作るうえでとても大切なのだが、最近のアパレルはこの言葉を軽視している。
 
スタイルやアウトラインばかりを重要視しすぎて、一度洗うと別の物になってしまう。
 
ほつれる縫い目や、すぐに取れるボタン。
 
そんなものが本当に良いものなのか?
 
断言します。
 
アパレルに限らず、生活に関わるすべてのものは長く付き合えるものが良いものだ。
 
 
むかしむかし、その昔、アパレルとは専業のためにあった。
 
大工には大工の服、ペインターにはペインターの服、農夫には農夫の服、釣り人には釣り人の服、ハンターにはハンターの服、炭鉱夫には炭鉱夫の服、軍人には軍人の服、そして貴族には貴族の服。
 
そういう本物の服を見ていない人は、古着屋に行きなさい。
 
君がまだ生まれていない、アパレルがアパレルであった時代の良い服が、まだまだたくさんあるよ。
 
それらは現代の服にはない雰囲気をもっている。
 
それを買って袖を通してみると、君はきっとこう思う。
 
「なんて機能的なんだろう...」
 
そう。
 
アパレルは元来ファンクショナルなものであった。
 
ファンクショナルはアートになる。
 
それを身に纏う喜びを、君に知ってほしいんだ。
 

このTシャツは着て洗って、着て洗ってを繰り返すたびに君の体に馴染んでくる。
 
海へ山へと着ていくたびに、君の肌は少しずつ小麦色になっていく。
 
このTシャツと一緒に遊べば遊ぶほど、きっと君はこのTシャツを好きになる。

(H)
 


1|234567891011