2-tacs


1|234567891011

【「Les Montagnards」 for PROTESTERS】

Les Montagnards01.jpg
 
「.......RESERCH」のルックブックのスタイリングをしました。
 
テーマは「Les Montagnards」 for PROTESTERS
「Les Montagnards」は「山のひと」
「PROTESTERS」は「抗議するひと」
という意味です。
 
最初にデザイナーの小林さんからお話をいただいたのは昨年2017年の11月ごろ。
「デモをテーマにしたコレクションをやりたいんだ。だから、服もまっ黒。
興味があったら本間に力を借りたいんだよね」と。
 
頼りにされることは嬉しいのですが、
僕自身「デモ」という行為を推奨してはいないので、
少し悩みました。
大層な身分のようではありますが、僕はいつも仕事の依頼があると
「この仕事は自分がやるべきことなのか」と考えます。

その理由は僕にも少しばかりの信念があり、この信念を曲げるようなことをして得たお金で暮らしていても、つまらないからです。

お金持ちにはなれませんでしたが、この信念を曲げることなく、僕たち家族が食べるものに困ることもなく暮らせることは、ほんとうに幸せなことだと思っています。
 
話がそれましたが、この仕事の依頼を受けるか否か?
そろそろ決断のときが近づいていました。
一ヶ月ほど悩みに悩んで、僕は断ることに決めました。
断られたほうは、すぐにでも次の代役を探さないといけないので、
また今度会ったときにあらためて謝ろうと、
失礼は承知の上で、早々にお断りの理由をメールで述べました。
 
少々長いですが、下記の文章はそのときの僕と小林さんの文章のやりとりです。
一語一句変えておりません。
(掲載においては、小林さんからも許可をいただいております)
 
 
『2017年12月8日 12:20』

小林さん、お疲れ様です。

連絡が遅くなってすいません。
小林さんから撮影の話をいただいてから、しばらく考えておりました。
そのことについて、僕の意見を書きたいと思います。

原発事故の後、僕も反原発運動のデモに参加したことがありました。
あのときは大規模なデモが多くの場所で行われていて、その現場がどういったものなのかを
確かめに行きたい気持ちと、自分自身のなかにある政治に対しての虚無感を
同じ志を持つ人たちと共有することで、また思うことがあるのかもしれない
という気持ちがありました。

デモの現場は思っていたよりも盛り上がっていました。
反復するシュプレヒコールに圧倒され、自分も声を合わせていると
「もしかしたら、なにかが変わるのではないか」
という気持ちになりました。

しかし、原発に関しての日本政府の対応はご存知のとおりです。

そこから僕はデモへは行かなくなりました。
その理由はデモの根底に「NO」というエネルギーが渦巻いているのではないか
と思ったからです。
一つの事象に「YES」と答えることと「NO」と答えることは
大きく異なるような気がします。
「YES」と答えるよりも「NO」と答えるほうが、責任が重く
たくさんの知識を必要とします。

原発問題に関してはあまりにも莫大な費用と期間を要して構築されたシステムを
もう、僕(たち)の力ではどうにもならないということを知りました。

そして、そのことに「NO」と言い続ける責任の重さを感じて
僕は逃げたのです。

そのころから自然へと興味が湧いてきて、山に入っては小さな「YES」をみつけて
文章に残す作家の本を読み耽りました。

僕も同じように山に入りただ歩いているだけで、救われたような気持ちになりました。

今回の小林さんのテーマを考えたときに、どうしても僕の中でクリエイションの膨らみを
持たすことができませんでした。

それは僕自身のエゴが強すぎて、もしかしたらプロとしては失格なのかもしれません。

ですが、これからの自分の時間を出来る限り「YES」と寄り添いたいと思っています。

長々と生意気なことを書いてすいません。

どうか、気を悪くされないでください。
連絡が遅くなり申し訳ありませんでした。

本間良二
 
 
『2017年12月8日 13:09』

オッス、本間。
メールありがとう。

本間がデモの NOの空気感が嫌で関わりたくないと
言っていたのはもちろん、覚えている。

時代が大きく動いていて
個人の自由の尊重より
国という単位で考えなければ という声が支配的になっている
そこで察しがつく、デモが多くなる世の中になるんだろうと。

本間の言うように、その場はYESとNOの対立構造になり
怒号渦巻く状態になるでしょう

そんな異議申し立てすら、もう届かない声になろうとしている。
だから、届かないことが判明した側は急進的な行動が多くなる。

そんな、この先のギザギザした世の中あるいはデモ現場に
花を撒く必要があると思ったんだよ
実際のデモ現場だけの話ではなくて
異議申し立てをしなくてはいけないのに
対立構造が激化する場面ではただのNoの感情の渦に巻かれて
しまう。
興奮しすぎた感情を"花"と言うものでスイッチしたいから
暴力の場に花の力を添えて違う景色にしたい。
だから"対立構造下の花の存在"がテーマとも言える。

右でも左でもなく、山側の心安らぐ日々が大事だと思い出してもらう為に。

Yesはもちろん大事、コミュニケーションの核だから
でも、この先の時代は異議申し立てがしやすい環境をみんなそれぞれの
方法で守れるように関与したい。

そんな気持ちでこの異議申し立て企画の事を
本間に話ししました。


小林
 
 
このやりとりがあって、僕はこの仕事の依頼を受けることにしました。
カメラマンの安部英知さん、アートディレクターの峯崎ノリテルくんも加わり、
個々の具体的なイメージとイメージを重ね合わせて、ビジュアル化しています。

この仕事に従事しているとき、デザイナーや、カメラマン、アートディレクター、ヘア、メイク、そしてスタイリストという一個人の主義主張をすんなりと受け入れてくれる
このファッションという世界の寛容さや、自由さ。
「この部分に惹かれて僕はこの世界に飛び込んだんだな」ということを再確認できました。

とてもいい仕事ができました。
よかったら手に取ってみてください。
(H間)
 

Les Montagnards06.jpg

2-tacs × Tennesea"Silver Crown cap pins"

t-06.jpg
The Fhont Shopに少し変わった"Silver Crown cap pins"が入荷しています。

素材は通常よりもシルバーの純度が高めのシルバー950を使用。
その理由はデザインの形状にあります。
じつはこのピンズ、実際にボトルにはめることができるのです。
つまりピンズをボトルごとお客様にお買い上げしていただき、ご自身で栓を抜いて、ピンズとしてご使用していただくということです。
(シルバー950を使用する理由は開栓時にピンズの破損を防ぐために、あえてシルバーの純度を高めて軟度をあげているのです)
ピンズの製作は「Tennesea」という友人のブランドです。(以後お見知りおきを‥)

そこで先日「Tennesea」のクラウンキャップ・ピンズに僕がビンテージ・ボトルのスタイリングを施すという、小さなエキシビションを行いました。
(スペースの問題でディーラー様と親しい友人のみの案内となりました。ごめんなさい)
すでに買い手が決まっているものもありますが、ピンとくるものがありましたらお店までご連絡ください。 
 
 
t-02(1).jpg
t-03(1).jpg
t-04(1).jpg
t-05(1).jpg
1920年代から60年代の様々な時代のビンテージボトル。
やはりそれぞれに雰囲気があります。

●2-tacs × Tennesea
"Silver Crown cap pins" VINTAGE BOTTLE
Mat : Silver 950
Col : Silver
Price : ¥25,000-(tax in)
 
 
T-01(1).jpg
もう一つのシリーズはフリーハンドのペイントを施したものです。
ボトルはドメスティックのビンテージ・ボトルを使用しています。

●2-tacs × Tennesea
"Silver Crown cap pins" FREE HAND PAINTING [skafer] BOTTLE
Mat : Silver 950
Col : Silver
Price : ¥30,000-(tax in)THANKS SOLD!!
 
 
t-07.jpg
ピンズのデザインは、何度も何度も不規則な周期でやってくる個人的なブーム「ピースマーク」がモチーフとなっております。(また、表面の凹凸も一つ一つ手作業で行っているようです)
 
t-08.jpg
裏面にはピンが付いてあり、その位置が上部にあるのがわかりますか?
これはセンターにピンをろう付けすると、反り返ったときにピンのろう付けが取れてしまうのを防ぐためにこの位置にあります。
 
t-09.jpg
そこで栓を抜く際にはグラフィックに対して、下から栓抜きを合わせていただく必要があります。
注意してください。
 
t-10.jpg
このようにお気に入りのキャップやバッグなんかに刺すのも良し、ボトルのまま眺めるのも良しです。
どうぞ、よろしく〜。

(H)

【"CASE by CASE"】

みなさん。こんにちは。
ご機嫌いかがでしょうか。
突然のアナウンスになりますが、
店長のN山 a.k.a. アナザースカイがサンフランシスコへ旅行に行きましたので、
しばらくは僕とD樹で店番をすることになります。

久しぶりの店番に僕のドキはムネムネしております。
そこで来ていただいたお客様をお迎えするために、
「CASE by CASE」を製作しました。
CBC-01.jpg
CBC-02.jpg
"CASE by CASE-01 Sling Bag"

UL文脈から派生したスリングバッグの重量は280G前後。
バックパックの吹流しを応用して容量の変化にも対応、
また、吹流し部分のバンジーコードを締めることによって
荷物を落とすこともありません。
ショルダーベルトはいろいろと試した結果、
現状で考えられるディティール全てを省き、
とてもシンプルな作りとなっています。(ピラピラしない!)

素材はボディがX-PAC
吹流し部はスピンネイカー
 
 
CBC-03.jpg
"CASE by CASE-01 Sling Bag Re-Born"

古着のコーデュロイパンツを解体したリボーン・シリーズも1つ製作しました。
これは数寄者の方に...
 
 
CBC-04.jpg
"CASE by CASE-02 Okusan Tote"

ご婦人方に大人気のトートタイプ。
ありそうでなかった、トートバックに吹流し。
重量は驚異の185G
「奥さん、いま貴女が片手で持っている挽肉より軽いよ!」
 
 
CBC-05.jpg
"CASE by CASE-03 Attack to Furo"

厳冬期の山では余分な荷物をテントにデポして、
必要最小限の荷物を背負って山頂を目指すこともあります。
そこからヒントを得たスタッフサックにもなる
アタックバッグです。
どこにアタックするかって?
それは下山後の湯船に決まってるでしょ!
 
 
CBC-06.jpg
"CASE by CASE-04 Coin Purse"

相変わらずの小銭入れ。
ブルーシート製は壊れます(笑)。
 
 
もちろんすべてオールハンドメイド。
CBC-07.jpg
 
 
僕は今週の日曜日にいる予定です。
お待ちしております。
(H)

 


CBC-08.jpg

誠に勝手ながら、今回入荷分のCASE by CASEは
店頭販売を優先させていただきますので、
通信販売は1/29(月)14時からといたします。
上記日時以前にご連絡いただきましても、
対応致しかねますので、ご容赦くださいませ。
よろしくお願いいたします。

"CASE by CASE-01 Sling Bag"
Fab : X-PAC & Spinnaker cloth

Col : Coyote brown , Cloud gray
Size : about W53 × D21 × H30(cm)
Weight : about 280g

Price : ¥20,000-(Plus tax)
THANKS SOLD!!
 
"CASE by CASE-01 Sling Bag Re-Born"
Fab : Vintage corduroy

Col : Assorted
Size : about W56 × D24 × H20(cm)

Price : Ask
THANKS SOLD!!
 
"CASE by CASE-02 Okusan Tote"
Fab : X-PAC & Spinnaker cloth

Col : Orange
Size : about W33 × D23 × H44(cm)
Weight : about 185g

Price : ¥16,000-(Plus tax)
THANKS SOLD!!
 
"CASE by CASE-03 Attack to Furo"
Fab : Spinnaker cloth

Col : Gray , Blue
Size : about W23.5 × D26(cm)
Weight : about 20g

Price : ¥4,500-(Plus tax)
THANKS SOLD!!
 
"CASE by CASE-03 Attack to Furo"
Fab : Dyneema® Composite Fabrics

Col : Green
Size : about W18 × D25(cm)
Weight : about 17g

Price : ¥8,500-(Plus tax)
THANKS SOLD!!
 
"CASE by CASE-04 Coin Purse"
Fab : X-PAC

Col : Coyote brown , Cloud gray
Size : about W13 × D10.5(cm)
Weight : about 10g

Price : ¥1,800-(Plus tax)
THANKS SOLD!!
 
"CASE by CASE-04 Coin Purse'
Fab : Blue seat

Col : Blue
Size : about W10 × D8(cm)
Weight : about 7g

Price : ¥1,300-(Plus tax)
THANKS SOLD!!

あけましておめでとうございます

みなさん、あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。
 
さて、僕は今年に入ってから「書」に目覚めました。

年末にアンセル・アダムスの写真を観に行き、久しぶりにモノクロームの世界に触れて自分が描くクレヨン画も黒が多くなっていきました。

それから、去年読んだ本のレビューを山と道で紹介したあとに、あらためてその本を読み返してみるとさらに漢籍の奥深さに引き込まれていきました。

「詩は声に出して読むと良い」と言いますので(自分の文章も発表する前には音読をしています)声を出して読んでいると、だんだんとその文字を書きたくなってきました。

最初は自分の思い通りの雰囲気が出ないので、何回も何回も繰り返して書いていくわけです。

写真を撮って出掛けているときも、携帯で自分の「書」を眺めています。

そうすると「ここをもっとこうしておけばよかった」と思いだして、さっさと用事を済ませて家へと一目散に帰ります。

そして、先ほどまで写真で見ていた「書」を実際に見つめると、これがどうでしょう。

「まぁ、悪くないじゃないか」となるから不思議です。

しかし、一度は「こうしよう」と思ったので、書き直してみると、これがどうでしょう。

これも、またいいのです。
 
そうです。

ようするに楽しいということです。
 
来週はU飼くんと久しぶりの八ヶ岳への冬山登山です。

山から帰ったら何を書こうかと、いまから楽しみです。

では、みなさん。

今年もよろしくお願いします。

本間

SHO-01.jpg
クレヨン画
右から常念岳、横通岳、東大天井岳。
涸沢岳より
 
SHO-02.jpg
寒山道
 
SHO-03.jpg
清浄香潔
 
SHO-04.jpg
水流れて心競わず、雲在りて意倶に遅し
 
SHO-05.jpg
楽しみ有らば且らく須らく楽しむべし
 
SHO-06.jpg
一円想
 
SHO-07.jpg
写真は3年前の北八ヶ岳。
晴れるといいなぁ。
 

行きましょう、山へ。 奥秩父縦走編】

みなさん、こんにちは。

山、行ってますか?

僕は行ってます。
 
 
先日、気になっていたあるものを手にいれた。

そのあるものとは、ハンモックだ。

なかなか触手が伸びずにいたけれど、

実際に試してみると、これがなかなかの使用感。
 
山のアイテムを買うと、ついソワソワしてしまう。

じつはこのソワソワがとても大事。

「これで本当に山で寝れるだろうか?」

不安と期待が交織し、まだ見ぬ景色を想像しながら過ごす淡いピンク色に染められた甘美の時間は、なにものにも代えがたい。
 
家の中で使うもの...たとえば絵や写真だったり、よく切れる包丁だったり、植物図鑑のようなものを買ったら家で楽しめるけれど、アウトドア・アクティビティに使うようなものは家の中では楽しめないから、外に出かけたくなる。

そこでまずは「ためしに近場の公園へ」となるわけだけど、ここで問題が起きる。
 
ハンモックを試していると、1時間もしないうちに監視員がやってきた。

話を聞くとハンモックが公園の木に負担をかけると言っている。

僕にはどうしても、その木に致命的な負担を与えているとは思えない。

そこで少し腰を据えて話を聞いてみることにした。

監視員も正直に言うと、この行為が木に負担をかけるとは思っていないが、この行為を全員でおこなってしまうと、結果的に木に負担がかかるということだった。(木登りももちろん禁止されている)

どうやら都会の公園では、木は眺めるものらしい。

監視員は僕に個人的な恨みのようなものはないだろうし、彼が職務として僕を指導していることは理解できたので、素直に彼の意見を聞き入れた。
 
このような全体主義を掲げられると、どうも議論をする気が萎えてしまう。

家に帰り、僕は一人で山に入る理由をもう一度考えてみることにした。
 
やたらと群れたがるくせに自己中心的で、他人を出し抜くことしか考えていない人間社会に愛想を尽かし、山に入っていた時期。

様々な矛盾を抱えながら生きてきて、それらの矛盾を熟考する暇もなく大人になって、最後には矛盾に無関心となり歳を重ねている。

波風を立てずに生きる術は、誰が教えてくれるわけでもなく自分の眼で社会を観察し、その社会と自分自身との距離感の話でもある。

その社会との距離感が上手く掴めないとき。

たまには社会に目を背け、自分という人間をとことん見つめるという行為がバックパッキングというものなのだろうか。
 
自然には社会がない。

かわりに多くの決まりごとがある。

その決まりごとは自分の眼で観察するとよく分かる。

自然の中の決まりごとは「六法全書」よりはるかに緻密で、そしてルーズでもある。

前例がないケースも上手くことが運べば、自然界はどんどん取り入れていく。

自然のルールとは、言わば毎秒アップデートされている「六法全書」のようなものと感じることもある。

盲目的にそのルールに従う人間社会とは明らかに違うリズムがある。

火、水、風。

人が山にはいるときは、この3つを上手に使いこなす必要がある。

火は必要以上に大きくしないし、水も必要以上は持たない。

風は必要な場所に送り込み、必要のないときは遮る。

この3つを尊び、必要以上に大きくしない慎みの気持ちが成功の秘訣。

自然の中で一人はとても小さいし、微力だ。

だからこそ人は、一人ということを考えることができる。

一人の人間に社会は必要ない。

だからこそ人は、一人になったとき社会を考えることができる。

明確な答えは出てはこないが、自然は社会を俯瞰してみるには丁度良い場所であることには間違いない。

そして人はまた、人を欲し、社会を欲する。
 
 
今回は奥秩父縦走を計画した。

熟年ハイカーにはおなじみの場所で僕は火と水と風を尊ぶ遊びを試みる。
OT-01.jpg
ハンモックの利点は平地を必要としないことが第一に挙げられる。

法面でも野営が可能なので、選択肢が広がる。

自然へのインパクトも少ないのもいい。
 
OT-02.jpg
焚き火は慎ましく。

煙は熊に人間の居場所を教えるのにも最適。

しかし、山の中で最良の薪を確保するのは思ったよりも困難だ。

そんなときは、目線を少し上げて立ち枯れの木を拝借する。

木が腐敗するときに放出する二酸化炭素の量が、燃焼時と同量だという情報を得てから、焚き火に対する印象が随分変わった。
 
OT-03.jpg
2泊目の野営。

たったこれだけで人は眠れる。

寝起きは風景に圧倒される。

無数の鳥のさえずりが朝を彩る。

そうか...今日も1日がはじまるんだ。

そんなことを思いながら二度寝もしばしば。
 
OT-05.jpg
OT-06.jpg
OT-04.jpg
「ミツバツツジ」、「ツクシシャクナゲ」、「コイワカガミ」

人はよく高山植物や少女の美しさを例える形容(形動)として、「可憐」という言葉を口にする。

しかし、ただ姿形が可愛らしいだけで人は「可憐」という言葉を使わない。

その花や少女が、自分の美しさに気がついていない様を、人は「可憐」と呼ぶのではないだろうか。
 
OT-07.jpg
昼間に月が見える。

たったこれだけのことだけど、ワクワクしてくる。

誰かにこの気持ちを伝えたいけれど、携帯は圏外。

丁度よし。
 
OT-08.jpg
旧雁峠山荘。

奥秩父にはこういった廃墟になった小屋が目立つ。

奥秩父縦走が流行した70年代は多くハイカーに利用されていた小屋がいまは廃墟になっていることは珍しくない。

三峰神社〜雲取山にある霧藻ヶ峰休憩所、白岩小屋などもそう。

これは装備の軽量化によって以前は要所であった場所も、そうではなくなってしまった。

小屋を積極的に使用していた時代とは明らかに状況が変化しているということだ。

百名山近くの山荘などはまだ良いが、峠などの小屋にこれからどのような変化が起こるか興味深い。
 
OT-09.jpg
破風山避難小屋。

古い人はこの場所を笹平避難小屋と呼ぶ。

この日は誰もいないので、利用させてもらう。

野営では孤独をあまり感じないが、こういった小屋泊では孤独を感じることがある。
 
OT-10.jpg
朝起きると、空が澄み渡っていた。

頬に当たる風が冷たくて瑞々しい。

軽い朝食をとり、また歩き出す。
 
OT-11.jpg
甲武信岳を過ぎてシークレットへ。

甲武信岳は百名山なので、山頂には人が多い。

この場所は道が分かりづらいけど、360°の見晴らしがあって気に入っている。

この日も誰もこない。
 
OT-13.jpg
川上村へ降りて、先輩に挨拶。

相変わらずの美しい庭にうっとり。

山の植物の話になり、僕がもっと知識を蓄えたいと話すとおすすめの本を教えてくれた。

OT-14.jpg
昭和の日本植物学者、牧野富太郎さんの図鑑。

植物学では入門書のような立ち位置で幅広い分野の人に親しまれているらしい。

いろいろ試して買ってはみるが、結局はこの本に戻るという話に説得力を感じてカラー版を購入。

これでまた、山に入る楽しみが増えた。
 
OT-12.jpg
駅まで送ってもらい、念願の小海線に乗る。


今回も十分に楽しめた。

さて、つぎはどこに行こうか。
(H)



1|234567891011