2-tacs


678910|11|1213141516

green park picnic

greenparkpicnic.jpg
 
藤枝のアーロン・ローズことCONNECTのK9の音頭でピクニックをします。

僕もPEDAL POWERで参加します。
 
晴れたらラッキー!
 
雨だったらみんなで雨の遊びを考えましょう。

開始時間に要注目です!!
 
(H)

FUNDAY

FUNDAY, from FUNDAY. on Vimeo.

友だちのムービーに出演しました。

これ主演?おれ主演?

あ、演じてねーや。。

よかったらどうぞー。

KYOTO

IMG_3553.jpg
 
IMG_3587.jpg
 
IMG_3589.jpg
 
IMG_3593.jpg
 
IMG_3601.jpg
 
IMG_3590.jpg
 
IMG_3599.jpg
 
 

先週末の京都のイベントに来ていただいた皆さん、ありがとうございます。

京都の桜も見頃を迎えて、本当にきれいでした。

街のアチラコチラで咲く桜を見ていて気がついたのですが、

あれは先人達によって巧妙に仕掛けられたパブリック・アートなのですね。

とてもいい時期に行けたこと嬉しく思いました。

スタッフの皆さん、色々とありがとうございました。

また、よろしくお願いします。

H


NOT ANNOYING THING ON ONE DAY

IMG_3415.jpg
IMG_3435.jpg
IMG_3423.jpg
IMG_3438.jpg
IMG_3443.jpg
(H)

ペイント考察

IMG_5263.jpg
静岡に新しく出来たSUNFLOWER COFFEEさんの看板を制作した。

1800×900というなかなかの大物。

下書きをいれると10日間くらいかかった。

板の種類、枠の幅、フォント、文字やシャドウや背景の色、レイアウト、

無数の選択肢の組み合せのなかから出来た一枚は、本当に愛おしいもの。





IMG_5268.jpg
設置してもらう。

あぁ、なんか嬉しい。

結局、今回コーヒーは飲めなかった。

でも、タッグを組んでいる焙煎所の豆は何度も飲んでいて、味も香りも最高。

焙煎所も静岡市にあるので、常に焙煎したての豆がSFCでは使用されている。

近くに来たときは寄る価値はあり!





IMG_5284.jpg
現地でも、ウインドウや壁にサインを丸々3日間描いた。

描いている途中に、感度の高いおじさんやおばさんに何度か声をかけられた。

ひとりのおじさんは近所でカレー屋さんをやっているらしく

次の日食べに行ってみたら、想像以上のうまさで驚いた。

コーヒーも文化だけど、カレーも文化だと思う。

もちろんサインペイントもね。





IMG_5282.jpg
これは、オーナーにプレゼント。

すると、よほど気に入ってくれたのかお店のフロントに設置。

夏はどうすんの?





IMG_3001.jpg
東京に戻ってからも、また描きたくなったのでベニヤの端切れで描いてみた。

こんどは色を春らしく。





IMG_3015.jpg
いいのが描けたので、早速ギャラリーあいつに設置。





IMG_4679.jpg
ちなみに前回の展示もハンドサイン。(これはキャンバス)





IMG_0274.jpg
夜、酒を飲んだ勢いで友人のアトリエに遊びに行って、せっかくだから皆で何か描こう!

と、いうことになった。

紙をもらって、さあ描こう!となった瞬間に友人がインクをわざとこぼしだした。

「こいつ、半端ねぇ。。抽象してるなぁ...」と固まるオレ。

「どうだ!」と、言わんばかりの友人。

だけど、絨毯にポタポタと滴るインクをみて

「さすがにコレはまずいだろう...」と

全員で絨毯に染み込んだインクを拭き取る。

こうしてわずか2秒足らずでお絵描きタイム終了。(掃除は30分)

で、出来たのがこれ。
IMG_3009.jpg
すごい勢い。

書ではないけれど、井上有一の勢いにも負けてないと思う。

IMG_3019.jpg
「花」 井上有一




くび.jpg
「くビガもげました」 井上有一







何度も下書きをして、きっちり型にはめて描くことの美がサインペイントだとしたら

井上有一は、剥き出しの心を一発で書に表す美だ。

しかし、剥き出しの心を表現するにはサインペイントはあまり向かない。

なぜなら、サインペイントは個人が個人のために描くモノではなく、

ショップサインやパブリックサイン、またはアドバタイジングなど、

サインとしての用途があって、成り立っている歴史があるからだ。

そのように考えるとサインペイントにとって抽象とは、あくまで副産物でしかない。

IMG_5248.jpg
例えば、このように余分なインクを拭き取る布。


 
 
 
 
IMG_0248.jpg
または、パレット代わり使用する雑誌も

狙いがないので、無垢で新鮮に見えるときがある。






エッセイや小説のように、多くの字を使い

剥き出しの心を表現する人たちもいる。

最初に井上有一の書を見たときに野坂昭如の「骨餓身峠死人葛」を思い出した。

うまく言えないけど、この2つはとてもマッチしている。
IMG_3966.jpg
小説と絵画、書やサインペイントと一見なんの関わりのないようなモノが

繋がって見えることは嬉しいことだ。

自分は星野道夫の「旅をする木」にマッチするものが描きたい。

とか、おもったりしている。






IMG_3028.jpg
子供とペイントすると、なぜ自分がこれほどこの作業にのめり込んだのかがわかる。

答えは簡単、たのしいからだ。

インクや筆や紙を用意してやるとき、子供の表情は輝いている。

そして、惜しみない剥き出しの心でなにかを描いている。
 
 
アーティストにとって本当の勝負とは

自分の作品がどれだけ有名で高値で取引されるか、ということではなく

この状態を何歳まで保つことが出来るのかで、決まるような気がする。

 
 


IMG_0272.jpg
これは、最近の一番下の娘が描く暗号のような文字を自分が模写して

そのうえから、友人がインクをわざとこぼしたもの。

自分がオリジネーターではないが、自分がいないと出来ない。

まわりの人間から自分を媒介してできあがったこの絵の過程が

なんか、すごくスタイリストっぽくて気に入っている。

(H)


678910|11|1213141516