2-tacs


23456|7|89101112

行きましょう、山へ。 犀川ダウンリバー編】

 
みなさん、お元気ですか。
 
僕たちは安曇野へ出掛けてみました。
 
お目当てはパックラフトという乗り物で遊ぶためです。
 
パックラフトとはインフレータブル・ボート(空気で膨らますボート)を
 
軽量化してバックパッキングできるラフトボートのこと指します。
 
小さなモデルで2.15kgという驚きの軽さで折り畳むと
 
20cm×50cmというコンパクトさが魅力です。
 
このボートを手に入れてバックパックで背負って
 
電車で川の上流まで行き、下流まで下ってから電車で帰る。
 
なんて夢のような日常を思い描いていました。
 
しかし、インフレータブルの弱点は骨組みがないことによって船体が歪むことです。
 
船自体が歪むと、どんなにパドリングをしても力が分散されて
 
自分が行きたい方向への進行は難しくなります。
 
そこで自分の足を伸ばして船全体にテンションをかけます。
 
この「自分の体を骨組みとする」というシンプルかつ理にかなった概念に
 
僕の心は完全にロックオンされてしまったわけです。
 
1ヶ月くらい前から購入を考えていたのですが、高い買い物になるので
 
失敗は絶対に避けたい。
 
パックラフトは自分の体とのフィッティングが重要になります。
 
インターネットでいくらパックラフトのサイズ表をながめても、まったくイメージが出来なかったので
 
実際に体験してみよう、というのが今回の旅の目的です。
 
Azumino-02.jpg
どうですか?この景色。
 
ヒューヒューって感じです。
 
川の流れに乗りながら移り変わる景色のスピード感がご機嫌です。
 
azumino-1.jpgのサムネール画像
流れが穏やかな場所では足をだしてノンビリと景色を味わいます。
 
水も冷たくって気持ちがいいです。
 
何種類かパックラフトに試乗させてもらい、
 
自分にフィットするサイズも確かめることが出来ました。
 
Azumino-04.jpg
それにしても美しすぎる北アルプスの景色。
 
いま常念岳の山頂にいたら最高だろうなぁ...
 
と妄想をかき立てながら教えてもらったキャンプサイトへ向かいます。
 
Azumino-03.jpg
明るいうちにテントだけ建てておいて、メシは町へ食べに行きます。
 
キャンプサイトが山の上でないときはこのようなハイブリッドスタイルが楽です。
 
無理にキャンプとBBQをセットで捉えるとただ忙しいだけ。
 
Azumino-6-2.jpg
夜は月が綺麗でした。
 
機会があったら月明かりでナイトハイクなんてのもいいですね。
 
欲を言えば森林限界を超えた標高で歩けたら最高です。
 
Azumino-7.jpg
翌日は上田市へ移動してディーラーさんをまわってからのケヤキの巨木見学。
 
う〜ん。デカイ!!!
 
やっぱり巨木は良いです。
 
Azumino-8.jpg
相変わらずMYOGも止まりません。
 
止水ジップが届いたので制作できるバッグのバリエーションも増えてきました。
 
そろそろ大物に取りかかりたいのですが、何を作るかまだ決めかねています。
  
それではみなさん、ごきげんよう。
(H)

 


 

行きたいな、山へ。 こつこつMYOG編】

 
みなさん、お元気ですか?
 
僕は山には行けてません。
 
そのかわりに山に持っていくギアを作っていました。
 
自分のギアを自分で作ることをアウトドア業界では「MYOG」(Make Your Own Gear)
 
というらしいのですが、やっていることと精神は「DIY」と変わりません。
 
myog02.jpg
最初は捨ててしまおうと思っていたブルーシートを使用して
 
スタッフサックを作ってみました。
 
昔の2-tacsのタグをつけてみると何となく雰囲気が出てきました。
 
myog03.jpg
結構コンパクトになります。
 
myog04.jpg
ベージュの素材は反物の生地が送られてくる際に梱包用に使われている素材です。
 
ビニールに紙が接着されていて、濡れには弱いけど強度は充分にあります。
 
この素材も以前は捨てていましたが、やっと再利用の方法を見つけられました。
 
視点の変化によって、今まであった身の回りのモノも変化していく
 
この現象を僕は「3rd EYE」(第3の目)現象と呼んでいます。
 
ちなみに僕の人生で一番最初に「3rd EYE」を授けてくれたのはスケートボードです。
 
ストリートのあらゆる場所がセクションに見えてしまうようになって
 
都会でスケートボードさえあれば、どこでも遊べる視点を授かりました。
 
myog05.jpg
嫁からのリクエストで買い物用のエコバッグ的なモノも作ってみました。
 
myog06.jpg
今まで山では100円ショップのケースを使っていましたが
 
少し味けがないので、シンプルな財布も作ってみました。
 
友人に見せると、これがなかなか好評で手売りも始めました。
 
興味のある人は、僕を見かけたら声をかけてください。
(いつも持っています)
 
myog01.jpg
そして、気がつくと3gとかなりの軽量です。
 
すべては山へ向かうための準備です。
 
結局、ギアは山というハードに向かうためのソフトなんだなと最近思います。
 
ウルトラライトとウルトラヘビーのどちらも山へ向かうためのその人なりの道。
 
どっちでもいいです。
 
遊びくらい自分勝手になりましょう。
 
あぁ。山へ行きたい。(H)
 
「山を思えば人恋し、人を思えば山恋し」(百瀬慎太郎)

行きましょう、山へ。 六甲山スルーハイク編】

rokkou-1.jpg
 
みなさん、お元気ですか?
 
僕は先週大阪に出張だったので、ついでに六甲山へ行ってきました。
 
rokkou-2.jpg
 
芦屋の住宅地を抜けて六甲山を越えて、名湯有馬温泉へのスルーハイクです。
 
ここに載っていない細かなルートがたくさんありました。
 
rokkou03.jpg
 
小一時間ばかり登ると景色はこんな感じ。
 
神戸の街並みが一望できます。
 
rokkou−4.jpg
 
トレイルも整備されていて、とても歩きやすいです。
 
rokkou-6.jpg
 
僕たちが歩いたルートは魚屋道(ととやみち)といって
 
深江で水揚げされた魚を有馬温泉まで運んでいた魚屋さんの道でした。
 
rokkou−5.jpg
 
やっぱり、雨にふられました。
 
最近はレインウェアを持っていかずにポンチョを活用しています。
 
バックパックごと被ってしまえばザックカバーの兼用もできて
 
通気性も良いし、なにより着替えの手間がラクです。
 
下半身(とくに膝から下)の濡れは、もうあきらめました。
 
rokkou-7.jpg
 
前回のトレイルから使用しているモントレイルのマゾヒストです。
 
名前もキテますが、カラーリングもキテます。
 
普段だったらあまり選ばないカラーリングとデザインです。
 
自分の視点が変わったことで今まで「なし」だったものが「あり」になることは
 
許容範囲が広くなった気がして楽しくなります。
 
ずっと同じタイプの洋服や、靴を着たり履き続けることは
 
「スタイルを持つ」というよりは、その「カテゴリーの執着」でしかないように思います。
 
rokkou-9.jpg
 
ビバークにもだいぶ慣れてきました。
 
それにしても最近のフリーズドライの食品はレベルが高いですね。
 
rokkou10.jpg
 
と、こんな感じで今回も楽しく歩かせてもらいました。
 
地方の山道を歩くという、出張での楽しみがまた一つ増えました。
 
ではみなさん、ごきげんよう。(H)

行きましょう、山へ。 奥秩父ソロ編】

kobushi-7.jpg
 
みなさん、お元気ですか?
 
僕は奥秩父の甲武信ヶ岳に行ってきました。
 
kobushi-4.jpg
 
少しでも時間があれば山に行きたい。
 
もっとトレイルを歩きたい。
 
アラスカから帰って僕の中ですこし変化が起きています。
 
kobushi-2.jpg
 
天気予報は確認するけど、あくまでも目安です。
 
なにも快晴ばかりが山の見所ではないと思います。
 
時折見せてくれる晴れ間が、何とも爽快な気分にさせてくれます。
 
天気が不安定な日は人も少なくて一人で歩いていると不安になりますが
 
それがかえって自分を冷静にさせてくれるのです。
 
kobushi-3.jpg
 
山の尾根に鹿の屍。
 
最初は驚きましたが一人で歩いていると、こういったものが意外と冷静に見れます。
 
上手く言えませんが、これも含めてぜんぶ山。
 
kobushi-1.jpg
  
前回の八ヶ岳の寒さを考慮して屋根を低くしてみました。
(この場所も標高2300くらい)
 
これが効果抜群でエマージェンシー・シートも使うことなく
 
朝までぐっすり眠ることができました。
 
屋根を低く設置することで、空気を動きを最小限に抑えられたと思います。
 
その証拠にタープの下面は結露をしていました。
 
kobushi-5.jpg
 
寝床からの風景はこんな感じです。
 
このスタイルとても気に入ってます。
 
刻一刻と変わっていく風景を眺めながら眠りにつくことは最高の贅沢です。
 
では、みなさん。ごきげんよう。(H)


 
 

 

行きましょう、山へ。

yatugatake01.jpg
 
みなさん、お元気ですか?
 
僕たちは八ヶ岳に行ってきました。
 
yatugatake02.jpg
 
今回は小屋には泊まらずに幕営。
 
もう八ヶ岳には7回来ています。
 
たまに、山屋さんで八ヶ岳のことを「ヤツ」と呼んでいる店員さんがいますが
 
僕は、まだ「ヤツ」とは呼べません。
 
yatugatake03.jpg
 
今回のトレッキングで試したかったこと(その1)
 
「タープで寝てみたかった」
 
小屋よりもテントよりも、外の世界と密接に過ごすスタイル。
 
雨風や動物とかの心配もあるけど、夜空の星がすごい!
 
それを眺めながら寝落ちする。
 
なかなか「オツ」です。(これは言える)
 
しかし、ここは標高2350m、想像はしていたけど夜の冷え込みは想像以上。
(いわゆる想定外...)
 
そして雨にもやられました。
 
エマージェンシー・シートのお世話になったのは初めてです。
 
でも、エマージェンシー・シートはなかなか暖かくて優秀です。
 
2000m越えでのタープ泊の場合はシュラフのグレードを上げるか
 
シュラフカバーかビビィを被せるか、再考中ですが
 
それと同時に戻ってからエマージェンシー・シートをアルミテープで袋型にして
 
即席のシュラフカバーを製作してみました。
 
どちらにしても、そんなエマージェンシー・シートの威力を確認できたので
 
今回の一件は成果ありとします。
 
yatugatake05.jpg
YATUGATAKE10.jpg
 
試したかったこと(その2) 
 
「LUNAサンダルで行けるところまで...」
 
行者小屋までは難なく行けました。
 
むしろガレ場は丁度良い足ツボマッサージといった印象ですが、
 
足下に集中しないと怪我をするので景色があまり堪能できない。
 
それとサンダルを履いていると小屋の人と間違われて
 
カレーやビールを注文されるというデメリットがあります。
 
次の日は朝露によって岩や土が濡れていたのでほかのシューズに履き替えました。
 
なにより、早朝5時の冷え込みでサンダルを履く気には到底なれませんでした。
 
ちなみに、N野はコック帽でどこまで行けるかをテストしていました。
 
YATUATAKE11.jpg
 
試したかったこと(その3)
 
「ランニングシューズで八ヶ岳は登れるのか?」
 
登れましたが、やはりランニングシューズなのでアウトソールはよく滑りました。
 
あと、ヒールカップがゆるいので紐をきつくに絞めても、中でグラグラするので
 
傾斜のある場所では慎重に歩きました。
 
しかし、そのストレスに勝るほどの軽さが魅力でした。
 
さっそく、戻ってからヒールが固めのトレイルランニング用のシューズを購入しました。
 
yatugatake04-11.jpg
 
この枝っぷり...
 
今回のベストウッドです。
 
yatugatake06.jpg
 
と、こんな感じで八ヶ岳を堪能してきました。(写真は赤岳)
 
しばらくこの波は続きそうなので、次回またお会いしましょう。
 
(H) 


23456|7|89101112