2-tacs


34567|8|910111213

【丹沢】

一日だけポッと空いたので、丹沢に出かけてみた。

一般的に丹沢の魅力は都心からのアクセスの良さと言われているが、本当にその通り。

電車とバスの乗り継ぎが上手くいけば東京から2時間とちょっとで登山口に到着してしまう。
 
tanzawa1.jpg
今回の一番の目的はこれ。
なんでもいいから気持ちいい場所でなんか食べたかった。
 
tanzawa2.jpg
残った汁で米炊いてる時も適当な石を眺めてます。

tanzawa3.jpg
テクテク登ること約7時間、生憎の天気でまったく見晴らしな〜し。

ま。これはこれで。
 
tanzawa5.jpg
tanzawa6.jpg
tanzawa8.jpg
tanzawa7.jpg
tanzawa9.jpg
悪くない。
 
tanzawa4.jpg
お、♡
 
tanzawa10.jpg
で、またこれやって。
 
tanzawa11.jpg
次の日(ちょっと晴れた)
 
tanzawa12.jpg
木の根っこ見れるの崖だけだよね。
 
tanzawa14.jpg
tanzawa13.jpg
いちおう今回の目的地。
しかし、とくに思うことなし。

tanzawa16.jpg
外で飲むとお茶もうめ〜。
 
tanzawa15.jpg
で、バスに揺られて家路につく。

ああ、すべて美味しかった。
ごちそうさまです。

(H)

WASH WASH WASH!!!

IMG_5190.jpg

店頭ではお見せすることが出来ない洗いをかけた今期のトロピカルウールの風合い。

湿気の多い日本でも肌にまとわりつかずにいつもカリカリとした質感は、このまま一緒に湯船に浸かって垢擦りが出来そうなくらい。(いや、無理か...)

さらに上にシェルを一枚羽織るとウールの保温性がジワジワと効いてくるのがわかる。

今回のアラスカのトレイルでも、相方が着ていた見るからにストレスフリーなハイテクウェアを横目で見ながら自分はこのシャツを着ていた。

自分は特別な懐古主義者ということでもなく、石油を使用せずにブランドを展開していくほどのイデオロギーも度胸もないので、TPOによっては化繊のウェアももちろん着る。

しかし、着込んでくたびれた化繊のウェアの雰囲気より、やはり天然繊維が持つ風合いのほうが落ち着く。

古着などを見てみても、質の良い天然繊維のウェアはくたびれて擦り切れるほどに、モノとしての風格が一層増しているような気がする。

自分はこのようなウェアに出会ったときに背筋が伸びるような心持ちになる。

快適に暮らしていくという大義名分のもと化繊の持つ性質が活かされたウェアは、いまや大型チェーン店でも目にするように、もはや特別なものではなくなった。

しかし、店頭で見る新品ピカピカなウェアは何度か洗いをかけると毛玉があちらこちらに発生して見るに絶えない状態となる。

そのようなものは大抵は安価な製品が多いので、消費者は「また、買い替えればいいか...」となる。

嗚呼...なんという負の連鎖。

そろそろ、僕たちは気がついても良いのではないだろうか。

これは天然繊維と化学繊維の優劣を述べているのではない。

質の話だ。

(H)

【ALASKA】

「二度あることは三度ある」とか「三度目の正直」とか、日本人はなにかと三度目に起きる事象に重きを置く傾向がある。

この二つの言葉は良いときと悪いときの両方に当てはめることができる言葉なので、どちらにせよ問題は結果ではなく三度目という回数が重要だということを意味しているのだろう。

そして今回、三度目のアラスカへ行ってきた。

初回は2005年に、二回目は2012年と今回の2014年とどれも雑誌の仕事で行っている。

やはり何度来てもアラスカは人間の想像を遥かに凌駕したダイナミズム、そしてこの土地が持つ豊富な資源によって重ねられた歴史(これもまたダイナミック)が心に突き刺さる。

それと、回数を重ねるほどアラスカに魅了されていく自分と深く対峙するには程よい早さの時間が流れていることもアラスカの魅力のひとつだ。

まだ、雑誌の原稿も描き始めていないのであまり描けないけど(詳しくはPOPEYE7/10売の冒険特集にて)、今までの旅と今回の旅の大きな違いは全長26マイルのトレイルを3日間かけて歩けたこと。

いつも車の窓から眺めていた山の向こうに歩いて行けるなんて、自分としては夢のような3日間だけど、現地の人間にとってはそんなにたいしたことではなくジーパンやスウェットといったラフな出で立ちで歩いていた。
(でも、みんなライフルや散弾銃などの護身用の銃を所持していた)

IDITAROD TRAIL(アイディタロッド・トレイル)という古来よりエスキモーが犬ぞりで行き来していたという川沿いの道でちょっと休憩しながら、おもむろに石投げなんぞをしていると、おもしろい石をみつけた。

alaska1.jpg
alaska2.jpg
どう見ても人の手(加工)が入っている石。

写真ではわかりづらいけれど、加工時の目安としてカット部分の延長線上に真っすぐな線が3本彫られている。

この先の部分には何が付いていたのか?

持ち主は犬ぞりでの移動中に落としてしまったのか?

それとも熊に襲わてしまったのか?

どちらにしても、太古のアラスカへ想いを馳せるには充分な代物であることには間違いない。
 
見つけた時はトレイルに入ってまだ数時間、これからの行程を考えると出来るだけ荷物は軽くしたいのだが、
手にしてみるとスッポリと自分の手に収まった。
(さらに履いていたペインターパンツのサイドポケットにもスッポリはまった)

alaska3.jpg
う〜〜〜〜ん。やっぱり欲しい!

結局、持って帰ってきた。

よく、石を持って帰って具合が悪くなったなんて話を聞くけど、あれはあんまり当てにならない。

そんなこと言っていたら、宝石屋さんは商売にならない。
(ようはフィーリング。でしょ?)


それと街でも、色々買ってきた。

アラスカはやっぱりいつでもCarharttということでリラックスフィットのシングルとダブルニーを買い付け。

どうかフニャフニャのテロテロになるまで末永くおつきあいを。

それとKinco Glovesのレザーは焚き火のおともに...

レディースのガーデニング用のグローブは最近店頭の植物を買ってくれる女の子たちに向けて下心丸出しで買ってきた。

フィッシング用のキャップは微妙なカラーリングで3色展開ってところがなかなかニクイので、ぜひ自然光で見てあげてください。

サインとバッグは何となく...

WoolRichのUSA madeウールのソックスはこれから夏だけど山に入るときにいいかなと思います。

alaska4.jpg
●"Carhartt" DOUBLE KNEE DUCK PANTS
Color:Black / Brown
Size:Ask
¥8,000-(Plus Tax)

●"Carhartt" DUCK PANTS
Color:Olive / Beige
Size:Ask
¥7,000-(Plus Tax)


alaska5.jpg
●"Kinco" GLOVES
Color:Yellow / Orange
Size:S / M
¥3,800-(Plus tax)

●"Kinco" LADY'S GLOVES
Color:Burgundy / Blue
Size:F
¥800-(Plus tax)

●"D.P.C" CAP
Color:Assorted
Size:F
¥2,300-(Plus tax)


alaska7.jpg
●"PANTONE" TOTE BAG
¥800-(Plus tax)

●"OPEN&CLOSE" SIGN
¥1,800-(Plus tax)


alaska6.jpg
●"WoolRich" SOXS
¥2,500-(Plus tax)


alaska11.jpg
野生の熊(ブラック・ベアー)にはじめて出会いました。
(H)

【展示会】

1399296437gik8mxnlKrruqPP1399296434.gifのサムネール画像


約6ヶ月の時間をかけて試行錯誤を繰り返し

到着した次第でございます。

普段、お越し頂いているお客様には本当に申し訳がないんだけど

2014/5/7より土曜日まで展示会をやっているので

お店の営業はありません。

よろしくお願いします。

本間良二

ブー


先日、後輩が亡くなった。
酒気帯び運転の車にはねられて死んでしまった。
自分を含む彼のことを知る人間はみんなそうだと思うが、
彼ほど死のイメージからかけ離れた男が死んでしまったという事実は、
そう簡単には受け止められない。
すぐに彼の顔を思い出したけど、笑顔しか浮かんでこない。
そんな男が死んだなんて告げられても信じられない。
すぐに友人に連絡して事情を聞くと、どうやら本当のことだった。
その日はきっと多くの彼の友人と同じように、僕はずっと彼のことを考えていた。
そういえば、今では自分のライフワークとしてのトークショウも
一番最初にやったのは彼からの提案だった。

6年前、取引先の仲だった彼から話があると連絡を受けて会うことにした。
そこで、
「なにか、うちのお店でやってください」
と、言われて僕は
「そう言われてもなぁ...そのなにかが難しいんだよ」
と、正直あまり乗り気ではなかった。
すると、彼はこう言った。
要は2-tacsの売れ行きが良くない。
これにはブランドの魅力を伝えきれていない自分達にも責任はある。
その打開策として実際に本人に来てもらい
顧客さんと直に会ってもらいたい、と。

普通だったらなかなか言えない。
それを包み隠さずに相談に来てくれた彼の姿勢に答えたいと思った。
それで、二人であれこれ考えて出た答えがトークショウだった。

神戸へは前日に着いて、夜にどんちゃん騒ぎをやってから朝方にホテルへ戻る。
そんなわけだから、朝に起きれるわけがない。
すっかり寝坊していると、シングル部屋なのに僕を揺さぶるヤツがいる。
彼だった。
彼はフロントで合鍵をもらって僕を起こしにきたのだ。
これには驚いたけど、助かった。
ところで、どうやってフロントで鍵を受け取ったのかと聞くと
「弟って言いました」
と、あっさり言い放った。
全く似ていないのに弟だと言い切る彼もすごいけど、
その彼に鍵を渡したフロントマンもすごい。
 
そんな感じで無事にトークショウも終わり、
それなりに手応えもあったのであれから6年間、
僕はトークショウを自分の表現を伝える活動のひとつとして続けている。
もちろん彼のみの功績ではないけれど、
あのときの彼の一言がなければこうはなっていなかったのかもしれない。

控えめながらも、切れのあるギャグセンス。
BROWN by 2-tacsのバッグとベストがお気に入り(パンツは断念)。
そんな彼が亡くなった。
焼香の時に彼の顔を見た時、僕は彼の死を呑み込んだ。
でも、今も喉の奥に引っ掛かっている。
そして彼を想い、彼の残された家族を想う。
酒気帯び運転手の過ちによって
どれだけの人間の人生が変わっていくのだろうか。
そこには無念の文字しか見当たらない。
それはきっとみんな一緒だ。
でも、彼の死から僕はかけがえのない時間を知ることが出来た。
その時間の中で彼の言った『なにか』を創り続けていくことが
彼への弔いなのかもしれない。
 
ブー。ありがとう。やすらかにね。
BOO.jpg


34567|8|910111213