2-tacs


1|234567891011

【 BROWN by 2-tacs " HIKE PANTS & HIKE SLACKS " 】


hike s01.jpg
No. B19-UL004 "HIKE SLACKS"着用
 
BROWN by 2-tacsのサードデリバリーが
The Fhont Shopにやって参りました。
 
 
HIKEPANTS_HIKESLACKS.jpg
先日、ご紹介した軽量でストレッチ性に優れた
"WIND BREAKER"と同生地の"HIKE PANTS"と"HIKE SLACKS"のご準備ができております。
 
 
HIKEPANTS_BELT.jpg
ベルトを片手で絞れ、脱ぐ時も片手でリリースできる
ワンタッチベルトを採用しております。
 
 
HIKEPANTS_FORWALK.jpg
歩くことを前提に考えられたパンツは
前身頃を狭めに、後ろ身頃を広めにすることで
足を前に運びやすいディテールになっています。
 
  
HIKEPANTS_POCKET.jpg
ポケットは手をアクセスしやすい位置にしています。
雨にさらされ、水をためないように
メッシュ状のクールマックスをポケット内に採用しております。
 
 
HIKEPANTS_POCLKETHOLE.jpg
後ろのポケット部も同様な考えで、水抜きを採用しました。
 
 
太番手のステッチがパンツに力強さを与えています。
ガゼットのステッチを省略することで
ポリエステルフレックスの持つ伸縮性を最大限に生かしました。
足を思いっきり上げてもラクな"HIKE PANTS"です。

HIKEPANTS.jpg
No. B19-UL002 "HIKE PANTS"
Fab: Polyester 100%
Col: Cloud( S , M , L )
Price: ¥27,500-(Plus tax)
 
 
続いて、新型の"HIKE SERIES"のパンツをご紹介いたします。 
 
HIKESLACKS_2TUCK.jpg
"WIDE SLACKS"の要素を"HIKE SERIES"に落としこんだ
新型パンツ"HIKE SLACKS"。
 
 
HIKESLACKS_WEIST.jpg
ウエスト後ろ側にゴムを配しております。
ベルトを付けなくても履くことができるようにしました。
 
 
HIKESLACKS_2POCEKT.jpg
"WIDE SLACKS"と同様にダブルポケットにしております。
スッキリ、シンプルな装いに見せられるように
チャックが隠れたコンシールポケットを採用しました。
 
 
HIKESLACKS_GAJEDT.jpg
"WIDE SLACKS"より足の可動域を広げられるように
股下にはガゼットを配しております。
 
 
HIKESLACKS_HIPPOCKET.jpg
膨らむと広がるような後ポケットにしているため
見た目以上にアイテムを納めることができます。
 
 
"普通なスラックス"のような見え方でも
山へ出掛けられる機能を持ったパンツです。
普段着のまま、山へ行けそうな"HIKE SLACKS"に仕上がりました。
是非、シルエットやディテールを確かめにいらしてください。(Sh)

HIKESLACKS.jpg
No. B19-UL004 "HIKE SLACKS"
Fab: Polyester 100%
Col: Cloud( S , M , L )
Price: ¥25,000-(Plus tax)

【 BROWN by 2-tacs " BAA#1 & BAA#2 & SILK TANK " 】

merino001.jpg 
 
次にご紹介するものは"BAA#1 & BAA#2 & SILK TANK"です。
 
夏は一枚で爽快、冬にはファーストレイヤーとして暖かく
一年を快適に過ごすことができる、トップスアイテム"BAA#1"。
"OLIVE"と"DYEING"の2色をご準備しております。
 
 
1baas1_olive.jpg
まずはじめに"OLIVE"からご紹介いたします。
メリノウール糸100%の生地のソフトな着心地。
単色ではない杢オリーブの落ち着いた佇まいをお楽しみください。
 
1baas1_dying.jpg
続きまして、"DYEING"
こちらはメリノ糸とメリノナイロン糸を使ったトップス。
先ほどのメリノウール100%のものと比べると強度が増し、少しハリ感があります。
(人によっては、このくらいナイロンが入っていた方が好きだという方もおられます。両方試着をしてご自身の好みを選んでみてください)
メリノウールらしかぬ、独特のカラーリングは
注染という染色技法でオレンジとライム
グリーンを鮮やかに染めあげた渾身の一着です。

 
 
これから4型の"BAA#1"のトップスたちをご紹介いたします。
 
胸にポケットを配した"BAA#1 POCKET"。
身幅広めのボックスシルエット、"DUAL T"と同じです。

もう夏には欠かせないTシャツになりました。

baa1_o_p_1.jpg
No. B19-KN001 "BAA#1 POCKET"
Fab: Wool 100%
Col: Olive( S , M , L )
Price: ¥10,000-(Plus tax)

baa1_d_p.jpg
No. B19-KN001-1 "BAA#1 POCKET"
Fab: Wool 90% , Nylon 10%
Col: Dyeing( S , M , L )
Price: ¥13,000-(Plus tax)
 
 
胸元にボタンを配した"BAA#1 HENRY"。
"BAA POCKET"がシンプル過ぎるなぁと思ったら
こちらをオススメします。
ヘンリーネックがコーディネートのアクセントになってくれます。


baa1_o_he_1.jpg
No. B19-KN002 "BAA#1 HENRY"
Fab: Wool 100%
Col: Olive( S , M , L )
Price: ¥12,000-(Plus tax)
 
 
新型の"BAA#1 NO-SLEEVES"をご紹介いたします。
袖をなくし、身幅を広めにとって風抜けの良いカタチ。

ハイキングやラン、サイクリングなどに最適なアイテムです。
baa1_o_ns_2.jpg
No. B19-KN003 "BAA#1 NO-SLEEVE"
Fab: Wool 100%
Col: Olive( S , M , L )
Price: ¥9,500-(Plus tax)

baa1_d_ns.jpg
No. B19-KN003-1 "BAA#1 NO-SLEEVE"
Fab: Wool 90% , Nylon 10%
Col: Dyeing( S , M , L )
Price: ¥12,500-(Plus tax)
 
 
"BAA#1"最後のご紹介になります"BAA#1 HOODIE"。
街からアウトドアシーンへと、本当にオールマイティに活躍してくれます。
フードはあえて小さめで頭部から首元までをすっぽりと覆うデザイン。
baa1_o_h_1.jpg
No. B19-KN004 "BAA#1 HOODIE"
Fab: Wool 100%
Col: Olive( S , M , L )
Price: ¥17,500-(Plus tax)

baa1_d_h.jpg
No. B19-KN004-1 "BAA#1 HOODIE"
Fab: Wool 90% , Nylon 10%
Col: Dyeing( S , M , L )
Price: ¥20,000-(Plus tax)
 
 
次にご紹介する物は"BAA#2 TANK"と"SILK TANK"の2型。
"BAA#1 SERIES"や速乾機能を持つアイテムと着れば快適性が増します。
トップスを一枚で着ることが苦手な方にもオススメです。
 
 
まず始めに"BAA#2 TANK"からご紹介いたします。
メリノウール100%フライス編みのタンクトップ。
伸び縮みに優れており、フィット感のあるアイテム。
汗もすぐ乾いてくれるので、ジメジメした日でも快適に過ごせます。
さきほど、ご紹介したBAA#1と同素材の"OLIVE"と
昨シーズンリリースした"OFF WHITE"の物を準備しております。
baa2_o_tank_2.jpg
No. B19-KN005 "BAA#2 TANK"
Fab: Wool 100%
Col: Olive( S , M , L )
Price: ¥7,500-(Plus tax)
 
baa2_ow_tank.jpg
No. B19-KN005-1 "BAA#2 TANK"
Fab: Wool 90% , Nylon 10%
Col: Off white( S , M , L )
Price: ¥7,500-(Plus tax)
 
肌触りはメリノウールを越えるシルク。
ただ唯一の弱点は強度だと言われています。
昨年に初めてリリースをしましたが
自分が愛用している物は、まだ破れなどはありません。
(一年間コンスタントに着て、洗濯時はネットに入れているだけです。)

baa2_si_tank.jpg
No. B19-SI001 "SILK TANK"
Fab: Silk 100%
Col: White( S , M , L )
Price: ¥7,700-(Plus tax)
 
"BAA#1 & BAA#2 & SILK TANK"のご紹介は以上です。
上質な天然繊維ウェアの良さは、文章ではなかなか伝えきれません。
ぜひ、店頭でこの肌触りを確認しにいらしてください。
(Sh)

【 BROWN by 2-tacs " BAA#2.5 SERIES " 】

BAA25.jpg
新しいタイプのベースレイヤーアイテムがThe Fhont Shopに到着いたしました。
 
 
merino_mesh.jpg
レイヤードするウェアによって、様々な機能を発揮する
オリジナルファブリックの"メリノウールメッシュ"

保温性、防臭性、放湿性を存分に体感できるよう
「大胆」にメリノウールをメッシュ状に編み上げました。
汗をすばやく吸水し、つねに乾いた状態を維持し
さらにウールウェアや速乾性に優れた化学繊維と合わせれば、
今までに体感したことない快適な温度を保つ
言ってみれば、未知の可能性を持つ『ベースレイヤー』です。
 
"BAA#2.5 NO-SLEEVE"と"BAA#2.5 HOODIE"の2型をご準備しています。
BAA25_NS_CREW.jpg

BAA25_NS_ARM.jpg
首元のリブ、袖口のバインダーもメリノウールで作りました。


80年代のアウトドアウェアで見かけるコットン製のメッシュアイテムを
メリノウールに置き換え
快適性を追求したベースレイヤー"BAA#2.5 NO-SLEEVE"。
タックインを前提とした着丈は少し長めに設定しております。
BAA25_NS.jpg
No. B19-KN006 "BAA#2.5 NO-SLEEVE"
Fab: Wool 100%
Col: Gray( S , M , L )
Price: ¥13,500-(Plus tax)
 
 
続きまして、"BAA#2.5 HOODIE"をご紹介いたします。
BAA25_HO_HO.jpg
フードまでメッシュで作っております。
"BAA#1 HOODIE"と同様フードはあえて小さめで
頭部から首元までをすっぽりと覆うデザイン。

 
 
BAA25_HO_CS.jpg
袖口と裾のバインダーもメリノウールで製作しました。
 
 
昨年から日常生活や山のレースでレイヤリングテストを実施し
「乾き、温度調整、着心地、どこも不足はない機能的なベースレイヤー」
と、H間に伺っております。
さすがにベースレイヤーを貸してください!とは言いづらく
D樹、N山も楽しみにしていたアイテムの一つです。

夏も冬もメリノウールを作り続けたからこそ
出来上がった"BAA#2.5 SERIES"。
ぜひ、お試しください。(Sh)
BAA25_HO.jpg
No. B19-KN007 "BAA#2.5 HOODIE"
Fab: Wool 100%
Col: Gray( S , M , L )
Price: ¥19,500-(Plus tax)
 
 
 
mesh001.jpg
(山と道のジャーナルに"BAA#2.5 NO-SLEEVES"のH間のレビューがございます。
是非、ご覧下さい。)

【 BROWN by 2-tacs " SEED IT & JET CAP & SUN VISOR " 】

"RALLY"や"SLACKS"と同じ生地で製作した
"SEED IT"、"JET CAP"と"SUN VISOR"のご準備ができております。
fc_seedcap.jpg
 
 
大きなポケットがあると、ついつい詰めこみたくなってしまいます。
あれも持って行きたいし、いざという時にこれも持って行こうなんて。

いつも持ち歩く携行品、飲み物や本などなど
パンパンに膨らませるとまた可愛らしいくなる"SEED IT"。

是非、セットアップでも試してみてください。

fc_seedit_m.jpg

fc_seedit_c.jpg
No. B19-V002 "SEED IT"
Fab: Wool 64% , Cotton 14% , Polyester 13% , Linen 6% , Polyurethane 3%
Col: Marron( O.S.F.A. ) / Charcoal( O.S.F.A. )
Price: ¥27,000-(Plus tax)
 
 


つづきまして、"JET CAP"と"SUN VISOR"のご紹介をいたします。

fc_cap_coolmax.jpg

fc_sunvisor_coolmax.jpg
今から共通のディテールを3つご紹介します。
"COOL MAX®ファブリック"を内側に配し
快適な被り心地を楽しめる"JET CAP"と"SUN VISOR"。
 
 
fc_capblim.jpg
ツバが下向きについているので、日差しも遮りやすくなっております。
  
 
fc_capstrap.jpg
後ろ側にストラップを配しておりますので、誰にでも被りやすい
"One Size Fits All"。

3つの共通ディテールは以上です。
 
 
fc_cappocket.jpg
フロントパネルにICカードがすっぽり納まるポケット付き。
最低限のお金をジップロックに納めておけば
山小屋で速やかにお支払いができますね。
  
サイドのナイロンメッシュは、風通しが良く快適に。
ほんのり丸みを帯び、可愛らしい"JET CAP"に仕上がりました。

fc_jetcap.jpg
No. B19-C001 "JET CAP"
Fab: Wool 64% , Cotton 14% , Polyester 13% , Linen 6% , Polyurethane 3%
Col: Marron( O.S.F.A. ) / Charcoal( O.S.F.A. )
Price: ¥11,500-(Plus tax)
 
 
fc_sunvisor_compact.jpg
柔らかいツバを採用しているので
コンパクトにたたんで、ヒップポケットに納める事も可能です。


共地の"2B JKT"と合わせて可愛らしくコーディネートを組んでも
真っ黒なレンズのサングラスを合わせて
怪しさを演出してみても良いかもしれません。
是非、夏にぴったりなヘッドアクセサリーを試してみてください。
(Sh)
fc_sunvisor.jpg
No. B19-C002 "SUN VISOR"
Fab: Wool 64% , Cotton 14% , Polyester 13% , Linen 6% , Polyurethane 3%
Col: Marron( O.S.F.A. ) / Charcoal( O.S.F.A. )
Price: ¥10,000-(Plus tax)
 
 

sun001.jpg
『サンバイザー』

サンバイザーって映画とか観ると、なんか意地が悪いお金持ちがテニスのときに被ってるイメージだよね。
でも、そのイメージを見事にひっくり返してくれた人が、30代の僕の目の前に現れた。
その人は石田さんといって、コーディネイトというか、とにかくサンバイザーの被り方がすごい洒落ていた。
生まれて初めてサンバイザーというものをかっこよく被っている人を見た僕は、いてもたってもいられなくなって、すぐに声をかけて仲良くなった。
石田さんはサーフィンの世界に大きな革命を起こした人で、僕もたくさんの影響を受けたし、なによりも「遊びと仕事」の順序を教えてくれた人。

最近亡くなってしまって、本当に残念だけど(石田さんの話はまたあらためて書きたいと思います)サンバイザーを被っていると、たまに石田さんのことを思い出す。
石田さんとはひとまわり齢が違う僕も、そろそろ出会った頃の石田さんの歳になってきている。
「石田さん。俺、サンバイザー似合ってますか?相変わらず流行ってませんよ。サンバイザー...」
(H)

2-tacs × Tennesea"Silver Crown cap pins"

t-06.jpg
The Fhont Shopに少し変わった"Silver Crown cap pins"が入荷しています。

素材は通常よりもシルバーの純度が高めのシルバー950を使用。
その理由はデザインの形状にあります。
じつはこのピンズ、実際にボトルにはめることができるのです。
つまりピンズをボトルごとお客様にお買い上げしていただき、ご自身で栓を抜いて、ピンズとしてご使用していただくということです。
(シルバー950を使用する理由は開栓時にピンズの破損を防ぐために、あえてシルバーの純度を高めて軟度をあげているのです)
ピンズの製作は「Tennesea」という友人のブランドです。(以後お見知りおきを‥)

そこで先日「Tennesea」のクラウンキャップ・ピンズに僕がビンテージ・ボトルのスタイリングを施すという、小さなエキシビションを行いました。
(スペースの問題でディーラー様と親しい友人のみの案内となりました。ごめんなさい)
すでに買い手が決まっているものもありますが、ピンとくるものがありましたらお店までご連絡ください。 
 
 
t-02(1).jpg
t-03(1).jpg
t-04(1).jpg
t-05(1).jpg
1920年代から60年代の様々な時代のビンテージボトル。
やはりそれぞれに雰囲気があります。

●2-tacs × Tennesea
"Silver Crown cap pins" VINTAGE BOTTLE
Mat : Silver 950
Col : Silver
Price : ¥25,000-(tax in)
 
 
T-01(1).jpg
もう一つのシリーズはフリーハンドのペイントを施したものです。
ボトルはドメスティックのビンテージ・ボトルを使用しています。

●2-tacs × Tennesea
"Silver Crown cap pins" FREE HAND PAINTING [skafer] BOTTLE
Mat : Silver 950
Col : Silver
Price : ¥30,000-(tax in)THANKS SOLD!!
 
 
t-07.jpg
ピンズのデザインは、何度も何度も不規則な周期でやってくる個人的なブーム「ピースマーク」がモチーフとなっております。(また、表面の凹凸も一つ一つ手作業で行っているようです)
 
t-08.jpg
裏面にはピンが付いてあり、その位置が上部にあるのがわかりますか?
これはセンターにピンをろう付けすると、反り返ったときにピンのろう付けが取れてしまうのを防ぐためにこの位置にあります。
 
t-09.jpg
そこで栓を抜く際にはグラフィックに対して、下から栓抜きを合わせていただく必要があります。
注意してください。
 
t-10.jpg
このようにお気に入りのキャップやバッグなんかに刺すのも良し、ボトルのまま眺めるのも良しです。
どうぞ、よろしく〜。

(H)


1|234567891011