2-tacs


7891011|12|1314151617

【 EBBETS FIELD FLANNELS Exclusively for slowpoke "THE CITY" B.B. Cap 】


18ss_ebbets_5_1.jpg
EBBETS FIELD FLANNELS Exclusively for slowpokeから
"THE CITY" B.B. Capがやって参りました。
 
18ss_ebbets_2_1.jpg
フロントパネルはいつも通り"SF"になっております。

サンフランシスコ市の旗に描かれているフェニックスと炎。
1906年に起きた災害からの復興の象徴なんだそうです。
黄色で刺繍された" THE CITY "は現地でポピュラーな愛称。

ん〜またマニアックな所を攻めてきましたね!
 
今回のベースボールキャップは深く被りやすい印象です。
これまで小さく、泣く泣く諦めていた人には朗報ではないでしょうか。
(頭の大きなN山でもイイ感じに被れました。)

上品なワインレッドに"SF"を配した
Exclusive for slowpoke "THE CITY" B.B. Cap。

是非、ご試着にいらしてください。(Sh)

18ss_ebbets_3_1.jpg
●EBBETS FIELD FLANNELS Exclusively for slowpoke
"THE CITY" B.B. Cap
Fab : Wool 100%
Col : Wine red (O.S.F.A.)
Price : ¥8,500-(Plus tax)

【 BROWN by 2-tacs ‎" The coming of Spring items SEED IT " 】

2018 Spring/Summerのアイテムたちが来週末には立ち上がりそうです。
一足早く届いた、スポットアイテムをご紹介いたします。

seedit_18ss_spot.jpg
光沢感ある爽やかな色目のトリニティーシャンブレーと
ミリタリーライクな落ち着いた印象のウェザークロス。
どちらも洗うたびに、面白い風合いが増していきます。
 
暖かくもなり、どこか出掛けようと予定を組んでいる頃だと思います。
出先の身軽なコーディネートに一着いかがでしょうか。
 
是非、ご試着しにいらしてください。(Sh)

seedit_18ss_spot_tc_b.jpg

seedit_18ss_spot_tc_g.jpg
No. B19-V002A "SEED IT"
Fab: Polyester 40%, Cotton 35%, Linen 25%
Col: Green(O.S.F.A.) , Beige(O.S.F.A.)
Price: ¥23,000-(Plus tax)THANKS SOLD!!


seedit_18ss_spot_wc.jpg
No. B19-V002B "SEED IT"
Fab: Cotton 50% , Nylon 50%
Col: Khaki(O.S.F.A.)
Price: ¥24,000-(Plus tax)THANKS SOLD!!

【 Spectator Vol.41 ~つげ義春~ 】

今号のSPECTATORは漫画家"つげ義春"が特集です。

本特集は「つげ作品」に触れたことのない読者や
往年のファンがつげの世界を旅するときに足下を照らす
サーチライトのような役割を果たせることを期待して編んだものです。
(SPECATORより抜粋)
 

対人恐怖から、部屋に閉じこもったまま収入が得られる職業として
漫画家を志した"つげ義春"さん。
経済的窮困を抜け出せない時期もあれば
予期せぬ印税が入ってきて、暇にまかせ津々浦々と
旅を重ねていたそうです。
好きが高じて中古カメラ屋さんを始めたものの
景気のあおりを受け、1年後には開店休業状態なんてことも。

他人から見ると浮き沈みがある人生のようですが
「貧乏をしてでも、気楽に生きたい。」という人生観を持った人物。
 
 
作品の解説や楽しみ方、人物像などをまとめた読み応えのある内容。
「ねじ式」の元ネタは特に驚かされました。

お金の稼ぎ方や時間の使い方、表現方法など
自分に素直な生き様を教えてもらった気がします。


是非、店頭で手に取ってご覧下さい。(Sh)

つげ義春1.jpg
●Spectator vol.41 "つげ義春"
¥1,000-(Plus tax)
 

【Daily of New Zealand ~お土産編~】

 
皆さまお元気ですか?

先日、行ってまいりましたNew Zealandロケ

道中に立ち寄ったファクトリーショップやスーパーで
少しばかりですが、お土産を買い付けてまいりました。


【THERMA DRY "GLOVE"】
NZomiyage1.jpg

実はNew Zealandロケが決まってから、
渡航したら必ずゲットしたいと思っていたのが、
ポッサムファー製品。

ポッサムは猫くらいの大きさのカンガルーの仲間で、
オーストラリアから持ち込まれた外来種。
天敵がおらず繁殖し続け、害獣として扱われているほど。

そのポッサムの毛は中空糸と呼ばれる
中が空洞になった形状をしており、非常に軽く暖かい繊維です。
ポッサムファーの特徴を生かし、メリノウールや化繊とブレンドして作る
ニット製品がNew Zealandでは数多く存在しています。

ポッサムファーの軽さと保温性の高さ、
メリノウールの消臭性、化繊の速乾性と
街でも山でも使えるグローブです。
 
●THERMA DRY "FINGERLESS GLOVE"
Fab:Possum Fur 22% , Merino Wool 32% , Polypropylene 32% , Polyurethane 14%
Col:Brown(M)
Price:¥4,000-(Plus tax)

●THERMA DRY "GLOVE"
Fab:Possum Fur 22% , Merino Wool 32% , Polypropylene 32% , Polyurethane 14%
Col:Brown( M , XL )
Price:¥4,000-(Plus tax)
 
 
【MOHAIR CRAFT "AFTER DINNER SOCKS"】
NZomiyage2.jpg

New Zealandと言えば、メリノウールが有名ですが、
実はモヘア(アンゴラヤギの毛)も生産しています。

ポッサムファー製品を扱っているショップの中でも、
高級店ではモヘア製品も取り扱っていることが多いようです。

今回セレクトしたのはモヘアをローゲージで
ふんわりと編み立てた"AFTER DINNER SOCKS"。

名前の通り、食後にシェラフに潜り込むときや
自宅でリラックスするときにぴったりな
ゆったりとした履き心地です。

●MOHAIR CRAFT "AFTER DINNER SOCKS"
Fab:Mohair 94% , Nylon 6%
Col:Gray , Brown , Red , Sax blue , Navy , Green
Size:Assorted
Price:¥4,000-(Plus tax)
 
 
【LOW COST BIG BLACK SACK】
NZ0miyage3.jpg

H間が別の撮影でNew Zealandへ行った際にお土産で頂いた
New Zealandのゴミ袋。

なぜゴミ袋を買い付けてきたのかと言いますと、
ザックのパックライナーとして使えるから。
25L〜45L程のザックに程よいサイズです。

これを使う以前は大きめの防水スタッフサックを
パックライナーとして使っていたのですが・・・
あまり安いものではないので、
パッキングをする際に若干気を使ってしまうことも多々ありました。

これならパッキングの際に角のあるクッカーを直にしまっても、
テント泊の際にザックやシューズなど乱雑に入れて、足元に敷いても、
"最悪破れてもいいや"と気軽に使えることと思います。

特にフロアレスシェルターを使う方にお勧めです。
 
●"LOW COST BIG BLACK SACK"
Col:BLACK
Size:D90cm × W62cm
Price:¥120-(Plus tax)

是非、お手にとってご覧くださいませ。(D樹)

【 KAHOKO SODEYAMA "どこかの街の喫茶店"】

 
 
The Fhont Shopがお世話になっている"そで山 かほ子"さんの作品と
開催している個展についてご紹介をさせてください。


sodekaho1.jpg
店内を賑やかにしてくれる、そで山さんの作品たち。
旅先で出会った風景のワンシーンや
大好きな古着や植物をモチーフにしたカットワークを揃えています。
 
ふんわりと優しい人柄が、そのまま作品へ映っているように感じます。
 

スペースの兼ね合いで全作品を飾りきれていませんので
ご覧になられたい方は、是非お尋ね下さい。
●"TOWN" & "しわしわシリーズ" & "ヒボタン"
Col:Assorted
Size:Assorted
Price:¥ASK- 
 
 
今回の個展は"喫茶店"をテーマに作品を展示しています。
会場は世田谷線の松陰神社駅を降りて30秒ほどでたどり着く古本屋
"nostos books"で開催中です。

 
"どこかの街の喫茶店"
sodekaho2.jpg
どこかの街に昔からある喫茶店。
アンティークの花瓶にはいつも優しい色のお花が飾ってあった。
おいしい濃いめのブレンドコーヒーと手作りのお菓子。
本を読みながらゆっくりと時間が過ぎてゆく。
窓の外を見るとすっかり雨が止んでいた。
(インビーテーションより)
 
 
時間を見繕って遊びに行かせてもらいました。
ちょっとだけディスプレーされている様子を。

sodekaho3.jpg
 

sodekaho4.jpg
他にも古本などに紛れてディスプレーをされていますので
くまなくチェックしてみてください。
店内の空気感を含め、実際に見た方がもっと素敵です。
"そで山かほ子さん"らしさを堪能できる個展。

作品も買えますし、小物とお菓子も販売しております。

sodekaho5.jpg
デザインされたEnjoyの文字と薔薇がプリントされた
ナイスサイズのbic製スモールライター。

ライターを買ったらオマケでステッカーも頂いちゃいました。
(nostos bookさん、ありがとうございます。)


素敵な空気感が漂っている個展"どこかの街の喫茶店"。
是非、足を運んでみてください。
〜どこかの街の喫茶店〜
at nostos books(世田谷区世田谷4-2-12)
〜2/25(Sun.)


7891011|12|1314151617