2-tacs


1234|5|67891011

A DAY BY THE HARBOR

IMG_5177.jpg

hoboのカタログのアートワークをサインペイントで参加させてもらいました。

デザイナーに、「今期のテーマは『A DAY BY THE HARBOR』」って言われて、

さらに「『WARM SEA』が今期の色のテーマです」って言われて、

イロイロ試してこんな絵になりました。

他ブランドのカタログでこんな関わりかたもあるんだなぁ。

と、自分でも妙に納得しつつ、あたらしい表現の広がりを感じます。

えへへ‥

コレクションも全体的にきれいなブルーが印象的で

個人的には波佐見焼きのアイテムが気になったりしました。

H
IMG_5181.jpg

#7DAYS IN ALASKA

#7DAYSINALASKA-OKASA.jpg
今度は大阪です。

18日の19:00からレセプションでは、トークショウをやります。

よろしくお願いします。

そのあと20日には藤枝へ向かい、S字フックのワークショップをやります。

そちらもよろしく〜。

(H)


#7DAYS IN ALASKA

12/7(金)に、原宿のTHE NORTH FACE STANDARDにて

合同エキシビジョンのオープニングパーティをやります。

7daysinalaska_invitationss.jpg


ビデオグラファーのニール・ハートマンが撮ったビデオはこちら


フォトグラファー水谷太郎の写真はきっと圧巻ですよ。

僕も色々と仕込んでいるので時間があったら遊びに来てください。

H

MADE BY HANDS

先週末の静岡サイコーでした。

起きている時間の半分以上は笑っていた気がします。

本当に腹がよじれてしまいそうでした。

遊んでくれた皆さんありがとうございました。

それでもって、今週は京都です。

196-1.jpg
196-2.jpg

僕はオール・ハンドメイドと言うより、

拾ったものや捨ててしまうようなモノに手を加えてアレンジするほうが好きなので、

その辺りの話ができれば思っています。

今回のトークショーのお相手は雑誌SPECTATOR編集長の青野利光さんです。

毎号、独自の視点で特集が組まれている雑誌SPECTATOR

世界中のサブ・カルチャーに重点を置き、ファッションのページは少ないので

そこまで仕事で参加はできていないのですが、

以前にこれとか、これとかやらせてもらいました。


フリーの立場から言うと、こんなに突飛なアイデアを実現させてくれる雑誌(編集者)は

そうはいません。

青野さんの話が僕も楽しみです。



それと、全然関係ないけどデヴェンドラとVetiverのアンディ・キャビックがやってきますね。
これは行きたい!
(H)

Me Myself and NEPENTHES

nepenthes01.jpg

ネペンテスの仕事をした。

今回は写真も撮って、文章も描いた。
アートワークもつくって、曲もつくった。
スタイリングもやって、モデルもやった。


普段の仕事とはアプローチを全部変えて全ての作業を一人で進めた。


今回のクライアントでもあるプロデューサーのトクローさんとの打ち合わせは
「あれはかっこいい!」
「あれは好きだ!」
「あれのあの部分は好きだけれど、あそこが嫌い」
と、お互いが思う好きなところ、嫌いなところをたくさん話した(ほろ酔いでね...)。


僕は好き嫌いがはっきりしている人が好きだ。
さらにその理由をしっかりと述べられる人はもっと好きだ。


その理由は、しっかりとした否定が出来ていない人が言う肯定を
自分がイマイチ信用出来ないからである。


当たり障りなく何となく届いてくるメッセージや表現に飽きている人たちは
ちゃんと否定もするし、そのぶん肯定もはっきりしている。


その人たちに、僕はいつでも100%の力で応えたいと思っている。
なぜなら、それが僕の仕事に対する唯一の誇りだからである。

(8/6にアップ予定、よかったら見てちょーだい。ここで


(H)


1234|5|67891011